【25日のJ移籍動向】岡山の元日本代表DF加地と、新潟の“バンディエラ”本間が現役引退

写真拡大

A代表64試合出場の右SB加地 岡山で3シーズン過ごしスパイクを脱ぐ

 J2のファジアーノ岡山は25日、元日本代表DF加地亮の今季限りでの現役引退を発表した。

【一覧】J1・J2・J3リーグ「退団・戦力外選手&新加入選手」

 37歳の加地は“黄金世代”の一員として、1999年ワールドユース(現・U-20ワールドカップ)に出場し準優勝メンバーの一人となった。クラブレベルでは2002年に移籍したFC東京でその名を高め、03年にはジーコ監督率いるA代表に初招集され、日本屈指の右サイドバックとしてその地位を確立した。

 06年に黄金期を迎えていたガンバ大阪に移籍し、08年AFCチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトル獲得に貢献した。9シーズンを過ごした後、米MLSのチーヴァスUSAに完全移籍するも、クラブ解散により翌15年に岡山に加入した。

 J1通算300試合3得点、J2通算199試合4得点、日本代表通算64試合2得点の実績を残し、スパイクを脱ぐ。クラブを通じて「こういうコメントは苦手なので、記者会見ですべてを話そうと思います」と発表した加地の引退記者会見は、27日に実施される。

「新潟で現役を終えることが…」

 そして同日にもう一人、豊富な実績を誇る男が現役引退を表明。アルビレックス新潟で通算16シーズンを過ごした“バンディエラ”MF本間勲が、ユニフォームを脱ぐことを決意した。

 2000年に習志野高校から当時J2所属の新潟へ加入すると、04年のJ1昇格やその後の残留争いにも大きく貢献。14年から栃木へ移籍するも、今季愛着のある新潟へと復帰し、リーグ戦4試合に出場していた。

 クラブの歴史を知り尽くす男は公式サイトを通じて、「まず、今シーズン、皆さんからたくさんのご声援をいただきながら戦ってきた中で、なかなかチームの力になれず、J2降格という結果に終わってしまったことを申し訳なく思っています」と謝罪するとともに、「プロ選手として現役を続けたいという気持ちもありましたが、その気持ち以上に、アルビレックス新潟で現役を終えることが、自分にとって良いタイミングだという決断に至りました」と、新潟への思いが決断を後押ししたことを明かしている。クラブの歴史を知り、サポーターから愛された男が静かに現役生活を終えることになった。

 新潟はその他にも、GK稲田康志との契約満了を発表。また、町田ゼルビアはMF谷澤達也ら3選手と、モンテディオ山形も宇佐美宏和ら3選手との契約満了を発表している。

【一覧】J1・J2・J3リーグ「退団・戦力外選手&新加入選手」

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images