J1昇格の長崎がGK三浦雄也、MF古部健太との契約満了を発表

写真拡大

▽V・ファーレン長崎は25日、GK三浦雄也(28)、MF古部健太(31)との契約満了を発表した。

▽三浦は、柏レイソルや松本山雅FC、清水エスパルスを経て2015年に加入。今シーズンは天皇杯の1試合のみに出場していた。

▽古部は、横浜F・マリノス、ツエーゲン金沢を経て2012年に加入。2016年にアビスパ福岡へと移籍するも、今シーズン復帰。明治安田生命J2リーグで10試合、天皇杯で1試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆GK三浦雄也

「チームの順位や状況が悪い時には厳しい声もいただきました。でも、「次頑張ろう!」と迎えてくれるゴール裏が好きでした。V・ファーレン長崎にとって、来シーズンが最高の航海となるよう祈念しております。3年間ありがとうございました」

◆MF古部健太

「合計5年間ありがとうございました。チームは、来季J1に昇格しますが、個人的には苦しいシーズンでした。それでもいつもファンの方の声に励まされました。まだ走ることができると思うので、チームが見つかれば現役を続けたいと思っています!今後の長崎のさらなる発展を願っています。ありがとうございました!」