浦和が10年ぶり2度目のACL制覇! R・シルバ決勝2戦連発、アジア王者としてクラブW杯出場

写真拡大

堅守から終盤に歓喜の一撃! 2戦合計2-1でアル・ヒラルを破る

 浦和レッズが最後まで集中力を切らさず堅守から決勝ゴールを奪い、10年ぶりのアジア王者に輝いた。

 25日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第2戦、浦和レッズ対アル・ヒラル(サウジアラビア)の一戦は、浦和が後半43分のFWラファエル・シルバによる決勝ゴールで1-0の勝利。2戦合計2-1で優勝の栄冠に輝いた。

 ホームの埼玉スタジアムを埋めた浦和サポーターは、試合前から決戦ムードを作り上げた。バックスタンドには浦和のエンブレムとACLのカップ、そして両サイドのスタンドには10年前に優勝した2007年の星と、今季の優勝を目指す2017年の星がかたどられ、それをリボンで結ぶようなビジュアルとなった。

 浦和は敵地で1-1と引き分けた初戦の低いブロックとは打って変わってハイプレスを敢行。それにより立ち上がり1分でMF長澤和輝がシュートチャンスをつかむなど、良い試合の入り方を見せた。前半15分過ぎからはアル・ヒラルにボールを持たれる時間が続いたが、守備時に4-4-2に変化する浦和はブロックの内側には入らせず、危険な形は作らせずにゲームを進めた。

 互いにボール際で激しくぶつかり合う一戦で浦和は一歩も引かずに応戦。終盤には何度かピンチを招いたが、前半はスコアレスのまま終了した。

R・シルバの決勝弾に歓喜爆発

 後半に入っても、優勝のためには1点が必要なアル・ヒラルの攻撃を浦和が受け止める展開になった。浦和は前半から続く守備ブロックで決定的な突破を許すことなくゲームを進めたが、攻撃は散発のロングカウンターのみで時間を作ることができず、苦しい展開が続いた。

 このままのスコアならアウェーゴール差で浦和が優勝という展開に、浦和の堀孝史監督は後半29分に動いた。前半にイエローカードを受けたDF宇賀神友弥に代えて、出場停止が明けたブラジル人DFマウリシオをセンターバックに投入。DF槙野智章を左サイドバックにシフトした。

 焦りを見せるアル・ヒラルは同34分、MFサレム・アルダウサリがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場処分。浦和は数的優位を得た。10人でも猛攻を仕掛けるアル・ヒラルだったが、浦和も最後まで集中力を切らすことなく対応する。

 すると歓喜の瞬間は同43分。相手最終ラインの背後に出たボールにFWラファエル・シルバが抜け出すと、GKとの1対1で強烈なシュートを決めて1点を奪った。5万7727人の大観衆が固唾をのんで見守る中、大歓声が爆発した。そして残り時間が流れ、ウズベキスタン人主審ラフシャン・イルマトフ氏による試合終了の笛が鳴り響き、浦和が10年ぶりのアジア王者に輝いた。

 優勝した浦和は、12月にUAEで開催されるFIFAクラブワールドカップへの出場が決定。浦和は07年に3位、昨年は鹿島アントラーズが準優勝している世界の舞台での活躍が期待される。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images