松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

松山の“ルーティン”に再脚光「彼の根本だ」「才能あふれる輝かしさ」

 ゴルフ界で今や世界のトッププレーヤーに数えられる松山英樹(レクサス)。精度の高いショットやストイックなまでのプロフェッショナル・イズムは海外ファンの心を掴んで離さないが、PGAツアーは松山の“一時停止スイング”に注目。公式ツイッターに改めて動画付きで紹介し、海外ファンから「彼の根本だ」「才能あふれる輝かしさ」と脚光を浴びている。

 PGAツアーは22日に続き、公式ツイッターに松山のドライバーショットを動画付きで投稿した。真後ろ撮影された映像は、ややスローモーションで再生。ゆったりとドライバーを振り上げた松山は、トップの位置で一瞬ストップ。そこから勢いよくクラブを振り下ろし、ボールを豪快にかっ飛ばしている。

 投稿では「なぜヒデキはスイングの頂点で一時停止するのか? 彼は振り下ろす鼓動を待っているところだ」と紹介。トップで一時停止するのは松山の“ルーティン”の一つだが、溜めたパワーを解き放つタイミングを計っているのだと主張している。

 映像を見た海外ファンからも、「この一時停止は彼の根本だ。そして、下半身の強度だ」「才能あふれる輝かしさ」「暴君なスイングを持つファンタスティックなプレーヤー」といった称賛のコメントが相次いだ。

 先のダンロップ・フェニックスで日本ツアーに今季初参戦した松山。5位に終わったが、最終日にホールインワンを達成するなど、見せ場は作った。悲願のメジャー制覇を見据え、スイング、そしてショットにさらに磨きをかけていく。