『GIRLS POWER』というストレートな言葉を新作のタイトルに掲げたバンド・SILENT SIREN

写真拡大

4人組ガールズバンド・SILENT SIRENが、12月27日(水)にリリースするニューアルバム『GIRLS POWER』の詳細を発表した。

【写真を見る】SILENT SIRENは、2018年2月11日(日)東京・EX THEATER ROPPONGIでファンからの声を元にしたワンマンライブを開催

この一年で確実に大きな成長を遂げたSILENT SIRENが満を持して生み出すニューアルバム『GIRLS POWER』は、単に“女子力”という意味だけではなく、女性はいつまでも女子であり、可愛いものが好きで恋愛もずっとしていたい、そんなすべての女性が持っている「女子の力」という意味が込められている。

初回限定盤のDVDには、全国ツアー・5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017『新世界』のツアーファイナル(2017年11月14日)日本武道館公演の中から、ライブアンセム「フジヤマディスコ」「ジャストミート」「Kaleidoscope」の3曲が収録される。

さらに、EMI Recordsへ移籍以来リリースしたシングル曲「フジヤマディスコ」「AKANE」「ジャストミート」のMUSIC VIDEOも収録され、豪華な内容となる。

アルバム楽曲としては、動画共有アプリ・MixChannelで先行配信、TOKYO MXにて放送中のアニメ「おにゃんこポン」の主題歌としてすでにオンエアされている「パパヤパヤパ」をはじめとした新曲6曲、計12曲が収録される(初回限定盤のみ、全12曲+ボーナストラック1曲を収録)。

新曲は、女の子の切ない気持ちを明るく楽しく歌ったガールズアンセム「merry-go-round」、あいにゃん作詞の女の子の悲痛な叫びを歌った「KNiFE」、あいにゃんが作詞作曲まで手がけた桜の季節にぴったりの青春ソング「さくら咲く青い春」、疾走感に溢れた今後確実にサイサイのライブアンセムとして加わるであろう「ODOREmotion」、すぅのリアルな実体験を元にラブソングに仕上げた「さよなら日比谷」など、ガールズパワー炸裂のサイサイらしさ溢れる楽曲となっている。(ザテレビジョン)