去る10月31日に、京都にある「嵐山-高雄パークウェイ」で、市販車を改造した「チューニングカー」を集めたタイムアタックが開催されました。

「嵐山-高雄パークウェイ」は、京都中心部から車で約30分に位置する観光道路。今の時期は紅葉も美しく、多くのお客さんで賑わっています。

 

そんな場所を占有して行われたタイムアタックイベント、元々一般公開される予定だったのですが、台風21号により「嵐山-高雄パークウェイ」が被災したため、今回は閉鎖された中で行われました。

参加車両は新型のスズキ・スイフトから、1,000馬力オーバーの日産GT-Rまで20台が峠の駐車場に集まりました。

そのマシンに乗るドライバーは、SUPER GTなど国内最高峰のレースに参戦していた面々。

彼らがハイパワーマシンに乗って峠を全開走行する様は非日常感が満載です。

 

今回、最速を記録したガレージザウルスのR32GT-Rの走行をご覧いただきましょう。

この模様は11月25日発売のDVD OPTION285号とOPTION本誌1月号に詳細が掲載されています。

(ビデオオプション編集部)

【関連リンク】

VIDEO OPTION Vol.285
http://www.v-opt.co.jp/dvd_detail/209

舞台は一般道。秋の京都・嵐山でチューニングカーによるタイムアタックを開催(http://clicccar.com/2017/11/25/534840/)