@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

もくじ

インプレッサを知るために
ー 英国ではどういう歴史だった?
ー インプレッサの中古車 購入時の注意点
ー 専門家の意見を聞いてみる
ー 知っておくべきこと
ー いくら払うべき?
ー 掘り出し物を発見

インプレッサを知るために

スバル・インプレッサWRX/WRX STIを好きになるのにラリーファンである必要はない。興奮という言葉に興味さえあれば十分だ。

英国の場合、大金も必要ない。スタート価格はたった3000ポンド(44万円)だ。

2000年から2007年のスバル・インプレッサWRX/WRX STIほど、目の回るようなクルマが他にあるだろうか? ヘッドライトの形状やグレード、それにチューンの度合いやチューンメーカーの違いによって、さまざまなバリエーションがあるのだ。

販売店に足を運ぶ前にインプレッサについて知っておく必要があるのは明白だ。

1992年から2000年までの第1世代でパフォーマンスカーとしての地位を確立したインプレッサ・ターボは、おびただしい数のスペシャル・エディションを生み出し、伝説的な1999年の22Bと2000年のプロドライブP1で頂点に達した。

技術的に見れば、ここで取り上げるその後継車も失望させるようなものではない。なじみ深いボクシーなセダン・ボディで、プラットフォームはより長く強固になり、218psの2ℓターボ・ボクサー・エンジンを搭載し、前オープン・デフ、後LSDのヴィスカス・カップリング4WDである。

しかし新型車のデザイナーは、おそらく失敗は許されないと縮みあがってしまった結果、ヘッドライトを醜いものにしてしまった

英国ではどういう歴史だった?

英国では人気のないデザインのヘッドライトは、エンスージァストの間ですぐにバグ・アイ(虫の目、日本では主に「丸目」)と呼ばれるようになった。2年後、インプレッサには新しい目が与えられたが、ブロブ・アイ(ぼんやり目、日本では主に「涙目」)と名前が変わっただけだった。しかし少なくとも、エンジン・パワーは225psに向上した。

より重要なことは、WRX STIが投入されたことだ。最高出力は265psで、WRXの5速に代えて強化された6速ギアボックスを持つ。専門家はこのエンジンがベストだという。また、ステアリングもクイックになり、フロントにもLSDがついた。

2005年、バグ・アイ、ブロブ・アイの汚名をそそぐべく、スバルは満を持して第3の大変更バージョン、ホーク・アイ(鷹目)を投入した。お世辞でそう呼ばれている。

偉大な2ℓターボ・ボクサー・エンジンは、2.5ℓユニットに変更。大幅に改良されたがちょっと壊れやすいというひともいる。WRXは230ps、STIは280psである。また、ホーク・アイはトレッドが拡大されているので、直言を好むインプレッサ・オーナーはワイド・トラックと呼んでいる。

ちょっと混乱しそうだが、STI9と呼ばれる最後のブロブ・アイをもって、ベストの中のベストと考えるひとも多い。ホーク・アイのランニング・ギアと後世代の切替可能なドライバー・コントロール・センター・デフ(65%のパワーを後輪に廻すことも可能)を採用しているが、エンジンは2ℓSTIエンジンのままというのが理由だ。

これらはカタログ・モデルだが、スペシャル・エディションも数多く、代表的なクルマがRB320そしてGB270だ。価格は、完全なサービス履歴付きのバグ・アイ、ブロブ・アイのWRXが3000ポンド(44万円)からとなっているので、インプレッサは今が買い時だろう。

詳しく学んでいこう。

インプレッサの中古車 購入時の注意点

エンジン

2ℓエンジンのカム・カバーとサンプ・カバーからのオイル漏れをチェック。2.5ℓエンジンの超共晶ピストン(2ℓでは鍛造)のリング取り付け部の損傷をチェック。2.5ℓエンジンのヘッド・ガスケットも傷みやすい。

350ps以上にチューンしたエンジンは内部強化の必要がある。ローラー上で定格パワーが出ているか、燃焼は正常かをチェック。販売員がオイル冷却のターボをアイドリングさせてくれるかも確認。インタークーラーのフィンの状態も検査すること。

オイルとサービス

定期的にオイル交換がされていたか、10W-40または10W-50の全合成油が使われていたかをチェック。サービス間隔は16,000km毎。このエンジンにはシェルVパワーまたは同等グレードのガソリンがベスト。

外装

リアのホイール・アーチが少し腐食し始めているクルマがある(今のところホーク・アイは大丈夫)。フロントのラジエータ支持パネルの腐食、同じくフロントのCサブフレーム(輸入車にはついていない)の腐食も。ホーク・アイ・モデルではプラスチックのアンダートレイ裏の錆を探すこと。チリが均一でない場合には事故修理の疑いがある。アフターマーケットのヘッドライトの場合には、アライメントと取付が正しいことをチェック。

サスペンションとブレーキ

ダンパーのロッド・シールが乾燥して潤滑性を失うと、リアのストラットはスティクションを起こす恐れがある。

トランスミッション

リア・デフとセンター・ヴィスカス・カップリングからのオイル漏れと異音を検査する。

専門家の意見を聞いてみる

レンカー・リオン
スバル4YOU

「わたしは480psの1994年モデルに乗っていますが大好きですね。インプレッサは万人向きのクルマじゃないし、2000〜2007年の世代はスタイルがちょっとね。でも、軽くて、俊敏で、出足もいいです」

「メンテナンスをちゃんとすれば、タフで信頼性も高い。高性能なクルマです。インプレッサにかなうクルマなんてほとんどいませんよ。でも、例えば350ps以上にチューンされたインプを探すなら、メカがそれに見合うように強化されているか、チェックしてください」

「どのモデルが好きだとしても、サポートしてくれる大きなコミュニティがあるから安心です」

知っておくべきこと

スクービー・クリニック(scoobyclinic.com)では、あなたのインプレッサWRXをダイナモメーターに乗せてパワーと燃焼状態を測定する前に、120ポンド(1万8000円)で健康診断をしてくれる。燃料ポンプが壊れていると混合気が薄くなり、オーバーヒートを起こす。

いくら払うべき?

3000ポンド(44万円)〜4999ポンド(74万円)

走行16万km程度の初期のWRXバグ・アイ、それに05年登録までのブロブ・アイ。

5000ポンド(74万円)〜6459ポンド(95万円)

走行10万km程度の03年登録のWRXブロブ・アイから、走行約14万kmの06年登録WRX STIホーク・アイまで。

6500ポンド(96万円)〜8499ポンド(125万円)

06年から07年登録で13万km走行のきれいなWRXホーク・アイ。ブロブ・アイのWRX STIが6500ポンド(96万円)から。登録年と走行距離はいろいろ。

8500ポンド(125万円)〜10,999ポンド(163万円)

高年式で低走行のWRXホーク・アイもあるが、程度の良い低走行のブロブ・アイ、ホーク・アイのSTIが多い。

11,000ポンド(163万円)〜15,000ポンド(222万円)

程度のすこぶる良い低走行のSTIやスペシャルがより取り見取り。

掘り出し物を発見

スバル・インプレッサWRX STI 登録2004年、走行12万km、価格9495ポンド(140万円)

改造なし(とても貴重)のブロブ・アイ。完全なサービス履歴付、色はブラック、インテリアはブルーとブラック、ゴールドの純正17インチ・ホイール、ブリヂストン・ポテンザ付。ちょっと高い(8750ポンド=130万円程度が相場)が、改造なしであることが高評価。