現役引退を発表した岡山DF加地亮

写真拡大

 ファジアーノ岡山は25日、DF加地亮(37)がプロサッカー選手を引退することを発表した。クラブによると、岡山の練習には今季終了(12月3日最終日)まで参加。今月27日には記者会見が実施され、その模様は後日クラブ公式サイトにも掲載されるという。

 滝川二高出身の加地はC大阪でプロ生活を始め、大分を経て2002年にFC東京へ加入。国内を代表するサイドバックへと成長し、2006年から所属したG大阪では、AFCチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトル獲得に貢献したほか、個人ではJリーグベストイレブンの受賞も経験した。

 日本代表としてはジーコジャパン時代の2003年からプレーし、2006年ドイツW杯にも出場。国際Aマッチ通算64試合に出場し、2得点を記録した。

 加地はクラブ公式サイトを通じて「20年間のプロサッカー生活から引退することを決断しました。これまで応援してくださった皆さん、在籍したすべてのクラブの皆さん、ありがとうございました。こういうコメントは苦手なので、記者会見ですべてを話そうと思います」と報告している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF加地亮

(かじ・あきら)

■生年月日

1980年1月13日(37歳)

■身長/体重

177cm/75kg

■出身地

兵庫県

■経歴

御原中-滝川二高-C大阪-大分-C大阪-FC東京-G大阪-チーバスUSA(アメリカ)-岡山

■出場歴

J1リーグ:300試合3得点

J2リーグ:199試合4得点

カップ戦:32試合1得点

天皇杯:43試合3得点

■日本代表歴

2003年〜2008年(国際Aマッチ64試合出場2得点)

アジア杯2004中国大会 出場

コンフェデレーションズ杯2005ドイツ大会 出場

東アジアサッカー選手権2005 出場

2006W杯ドイツ大会 出場

アジア杯2007 出場

東アジアサッカー選手権2008 出場

U-20日本代表、U-19日本代表

■Jリーグ受賞歴

ベストイレブン(2006年)、Jリーグ優秀選手賞(2006年、2007年)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ