ファジアーノ岡山で3年間プレーした加地亮【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J2のファジアーノ岡山は25日、同クラブ所属の元日本代表DF加地亮が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 現在37歳の加地は1998年、滝川第二高校からセレッソ大阪に入団してプロ生活をスタート。大分トリニータへの期限付き移籍を経て、2002年にはFC東京へ移籍した。

 FC東京では4年間プレーし、2006年からガンバ大阪へ移籍。G大阪ではキャリア最長の9年間を過ごした。2014年にはMLS(メジャーリーグサッカー)のチーバスUSAへ移籍して海外でのプレーも経験し、2015年から岡山に加入していた。

 JリーグではJ1通算300試合、J2通算199試合に出場。カップ戦も含めてキャリア通算574試合に出場して11ゴールを記録した。

 2003年にはジーコ体制の日本代表に初招集され、翌年からレギュラーに定着。優勝を飾った2004年アジアカップや、ブラジル相手に「幻のゴール」を決めそこねた2005年コンフェデレーションズカップ、そして2006年ワールドカップなど通算64試合に出場した。

 クラブ公式サイトは引退に際しての加地のコメントを掲載しているが、関係者に感謝を述べながらも、「こういうコメントは苦手なので、記者会見ですべてを話そうと思います」とのこと。引退会見へは27日に開かれる予定となっている。

text by 編集部