トゥベンテのDFペート・バイエン【写真:Getty Images】

写真拡大

脱げたスパイクが→相手GK→相手サポーターに渡るまさかの展開

 サッカーのオランダ1部・エールディビジで、選手が試合中にスパイクを相手サポーターに“奪われる”事態が発生。哀愁を漂わせながら、ソックスでピッチを行き来する姿を米スポーツ放送局「FOXスポーツ」オランダ版が動画付きで紹介し、ファンの間で「斬新な嫌がらせだ」「かわいそうだが笑える」と注目を集めている。

 片足のスパイクを“なくした”選手が、ソックス姿でゴール裏のスタンドに向かって何やらアピールしている。その姿を見て観客は沸き、笑顔で手を振っている。珍事が発生したのは、オランダ1部の第13節・AZ-トゥベンテ戦。しかも、試合中だ。

 0-0で迎えた後半10分すぎ、敵地に乗り込んだトゥベンテはAZ陣地に攻め込んだ。ゴールラインを割り、AZボールとなった瞬間、自陣に戻ろうとするトゥベンテのDFペート・バイエンの左足にスパイクがない。プレー中の衝撃で脱げてしまったようだが、前代未聞クラスの事態に発展するのはここからだ。

 そのスパイクを誰のものか把握しないまま、AZのGKマルコ・ビゾットがプレーの影響が出ないようにと自身後方のゴール裏スタンド前に除けた。すると――。AZのサポーターがフェンスを降りてスパイクを拾い、自身の席に持ち去ってしまった。

ファン騒然「斬新な嫌がらせ」「まさか靴を履かずに試合に立つとは…」

 その後、試合は一時中断。バイエンがAZサポーターで埋まったスタンド前に行き、返してくれと言わんばかりに両手を広げてアクションを取ると、サポーターは大盛り上がり。自陣に帰れとでも言うかのように笑顔で手を振り、バイエンは途方に暮れるしかなかった。

 最終的にスパイクはピッチ内に戻され、敵ゴールのネットに引っかかった自身の“相棒”をバツが悪そうに拾い上げ、自陣へと戻って行くバイエン。センターサークル付近で、あり得ないとでも言いたそうに首を振りながらスパイクを履き直そうとする姿を「FOXスポーツ」オランダ版がツイッターとインスタグラムに動画で投稿。「アルクマール(AZのホーム)の観衆はペート・バイエンのスパイクとともに彼ら自身のやり方で楽しんでいる」とつづると、ファンもすかさず反応を示した。

「異様な光景だな…」
「斬新な嫌がらせだ」
「彼もまさか靴を履かずに試合に立つとは思ってもみなかっただろう」
「かわいそうだが笑えるな」

 まさにアクシデントに見舞われたバイエンは、試合にも0-2で敗戦。“二重苦”を味わった試合として、心に深く刻まれることになってしまった。