出場停止/なし

写真拡大 (全2枚)

J1昇格プレーオフ 準決勝
名古屋グランパス×ジェフユナイテッド千葉
11月26日(日)/16:00/パロマ瑞穂スタジアム

名古屋グランパス
今季成績(42節終了時):3位 勝点75 23勝6分13敗 85得点・65失点
 
【最新チーム事情】
●千葉には今季2敗で無得点と苦手にしている。
●プレーオフ期間中は練習を全日完全非公開。
●リーグ最終節で勝利し、チームの手応えは上々の様子。
●風間八宏監督は「いつも通り変わらない」と自然体で臨むことを宣言。
 
【担当記者の視点】
 リーグのホーム最終戦ではラリベイと為田に決められて0-3の完敗を喫した千葉には3節でのゲームも含めて今季2敗しており、リーグトップのシーズン85得点を挙げてきたチームが唯一得点を奪えていないチームでもある。

 風間監督の下、ボールを大事にするサッカーは自陣からのビルドアップが軸で、千葉の“ハイライン・ハイプレス”戦術には餌食になりやすい部分もあるため、そこへの対策が非公開練習の中でどこまで徹底できたかがひとつの焦点。キャプテンの佐藤寿人は「大きな兄弟喧嘩になる」と兄・勇人との兄弟対決も含めて激戦を予想するが、「最終的にはボールに関わる勇気が大事になる」と普段通りの戦いを強調し、真っ向勝負に臨む。

 ドローでもリーグ順位でのアドバンテージがあるためプレーオフ決勝に進めるが、先手を取り主導権を握れるかも焦点になりそうだ。
J1昇格プレーオフ 準決勝
名古屋グランパス×ジェフユナイテッド千葉
11月26日(日)/16:00/パロマ瑞穂スタジアム
 
ジェフユナイテッド千葉
今季成績(42節終了時):6位 勝点68 20勝8分14敗 70得点・58失点
 
【最新チーム事情】
●監督や近藤は「前回対戦と基本的には戦い方は変えず、試合で相手を見て対応する」と明言。
●佐藤勇はスタメン予想のシモビッチ、調子を上げてきたG・シャビエルが絡むパスワークを警戒。
●先週は別メニューだった山本真、大久保が今週は全体練習に復帰。
 
【担当記者の視点】
 今季は名古屋に2戦2勝だ。3節の対戦では西野と清武のゴールで、41節の対戦ではラリベイの2ゴールと為田の得点で快勝。ともに無失点で乗り切った。しかし、シモビッチとG・シャビエルが調子を上げつつあるため、佐藤勇をはじめ守備陣や中盤の選手は「2人を自由にさせてはいけない」と警戒を強めている。

 彼らにボールを入れさせないこと、入った後の対応が守備の重要なポイント。エスナイデル監督は快勝した前回対戦から名古屋に変化があっても「我々はやり方を変えない」とし、近藤も「プレスのかけ方など試合の中で柔軟に対応する」と話した。
 
 7連勝で波に乗る千葉は、怪我人も続々復帰している。先週は別メニュー調整だった右サイドバックが主戦場の山本真、守備固めの際に大きな力となる大久保が全体練習に合流。試合のメンバーは不明だが、ベテランの力はプレーだけでなくメンタル面でも効果を発揮するはずだ。ラリベイや船山ら攻撃陣の調子も良い。リーグ順位により引き分けでは敗退となる千葉は、とにかく勝ちきることを目指す。