天使もえが妖艶な演技を見せる/(C)AbemaTV

写真拡大

AbemaTVで12月30日(土)より5夜連続で放送が決定した連続ドラマ「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2」の第1話ゲストが発表され、セクシー女優・天使もえ、ベテラン俳優の金田明夫、そして芸人の阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子の出演が決まった。

【写真を見る】「只野仁」ならではのセクシーなシーンも満載!/(C)AbemaTV

同ドラマは、2003年7月よりテレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠でスタートした人気ドラマ「特命係長 只野仁」のAbemaTVオリジナル最新シリーズ。

主人公の只野仁(高橋克典)が、昼間は大手広告会社・電王堂の総務二課係長という、うだつの上がらないサラリーマンから一転、夜になると会長直属の「特命係長」として、社内外のトラブルを解決するスーパーサラリーマンとして大活躍するというストーリーがシリーズ当初から人気を博している。

12月30日の第1話は、最近人気上昇中のセクシー女優・光田ヒマワリ(天使)が、何者かに脅迫されているという。定規で引いたような直線の文字で「殺す」「引退しろ」などと書かれた物騒な脅迫文がマンションの郵便受けに頻繁に投げ込まれているという。

彼女が所属する事務所「フォクシープロモーション」の社長・八木(金田)は元電王堂の社員で、黒川会長(梅宮辰夫)も目をかけていた人物だった。警察に駆け込んでも実際に被害が出ないとなかなか動いてくれない。そこで八木は止むを得ず黒川に相談してきた。

黒川会長の特命を受け、さっそく只野は森脇(永井大)と共に調査を開始。マンションの管理人・妙子(渡辺)に不審がられるも切り抜け、彼女の自宅マンションで張り込むが、なかなか犯人らしき人物は姿を現さない。

その頃、事務所にかかってきた一本の電話に表情を曇らせる八木。いったい誰からの電話なのか。そんな折、撮影中の現場からヒマワリが突然、姿を消してしまい…というストーリーだ。

初回メインゲストの天使は「『特命係長 只野仁』はずっと以前から出演したいと憧れていたドラマだったので、こんな大役を任せていただき撮影中は本当に夢のようでした。シリアスなシーンはもちろん、特命係長でおなじみのちょっとエッチなシーンも全力で頑張りましたので、ぜひたくさんの方に見ていただけたらうれしいです!」とコメントを寄せた。

なお、今回「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2」の主題歌が蒼天のハリーが歌う「Memories」に決定した。(ザテレビジョン)