世界王者ウルフ、鈴木桂治コーチのまさかの行動に「そんなにMにはなれない」

写真拡大

アテネオリンピックの柔道男子100堋教蕕龍皀瓮瀬螢好箸如現在は全日本代男子代表のコーチを務める鈴木桂治と、今年の世界選手権で同級を制したウルフアロンが、テレビ東京で11月26日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00〜)にゲスト出演。世界の頂点を獲った師弟コンビと共に、日本サッカーが世界で勝つためのヒントを探っていく。

2012年、ロンドンオリンピックで男子史上初の金メダル0個(金0、銀2、銅2)と惨敗を喫した柔道全日本男子。しかし、2016年のリオオリンピックでは、全階級メダル獲得(金2、銀1、銅4)と見事な復活を果たし、柔道の母国としての威信を取り戻した。

ロンドンからリオまでの4年間に何があったのか? そこにはドイツサッカー界と共通する“ある要素”があることが判明。そして、井上康生監督になってから、練習の取り組み方にも大きな変革があったといい、試合でパニックに陥らないための準備についても明かされる。

また、前回放送の「検証! Jリーグオリジナル10」第2弾では、アメリカ・FOXスポーツが浦和レッズを「熱狂的なサポーターを持つ世界5クラブ」に選出したことが紹介されたが、25日に開催されるACL決勝でもレッズサポーターは圧倒的なホームの空気を演出することが期待される。言い換えれば、対戦相手のアル・ヒラルの選手たちに大きなプレッシャーを与えるはずだ。

同じようなアウェーの空気を、鈴木とウルフもいくつかの国際試合で味わってきた。ウルフは、ほぼ100%アウェーの地で「プレッシャーに飲み込まれたけど……」と体験談を告白。さらに、日本中の期待を一身に背負い、1対1で戦う柔道家たちは、襲い掛かるプレッシャーをどのようにはねのけているのか聞くと、現役時代に鈴木が取った衝撃の行動が明らかに。ウルフも「そんなにMにはなれないですね」と思わず笑ってしまった“覚醒術”に注目だ。