故障者/大宮=菊地、河本、播戸、清水 甲府=森、若杉、河本
出場停止/大宮=大山、奥井 甲府=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ33節
大宮アルディージャ - ヴァンフォーレ甲府
11月26日(日)/13:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
今季成績(32節終了時):17位 勝点24 5勝9分18敗 28得点・55失点
 
【最新チーム事情】
●大山が前節の退場により、奥井が累積警告により出場停止。
●甲府の5バック守備を意識した攻撃のトレーニングを反復。
●クロスからのシュートを入念に確認している。
 
【担当記者の視点】
 残留には残り2試合の連勝に加え、広島の連敗が最低条件となる。まずは自分たちが勝つしかないという状況は至ってシンプルだ。
 
 甲府の得意な形に持ち込ませないためにも先制ゴールを奪われるのは避けたい。一方で守備だけに意識を向けるのではなく、ひとつでも多くの得点を重ねて勝利を収めるために前への意識を持ち続ける必要がある。
 
 今節はホーム最終戦でもあり、チケットは完売。苦しい状況でも声援を送り続けるサポーターのためにも、戦う姿勢を見せなければならない。
J1リーグ33節
大宮アルディージャ - ヴァンフォーレ甲府
11月26日(日)/13:00/NACK5スタジアム大宮
 
ヴァンフォーレ甲府
今季成績(32節終了時点):16位 勝点28 6勝10分16敗 22得点・39失点
 
【最新チーム事情】
●前節、新潟に0-1で敗れ、16位に転落。
●コンディションに不安を抱える新井はベンチスタートか。
●畑尾が8試合ぶりにスタメンの見込み。
 
【担当記者の視点】
 前節、アウェーで最下位の新潟に0-1で敗戦。3連敗で降格圏に転落した。
 
 今節は新井がコンディションに不安を抱えているため、ベンチスタートの見込み。代わって5バックの中央には畑尾が25節の清水戦以来、8試合ぶりの先発が予想される。
 
 対戦相手は17位の大宮だが、懸念材料は多い。前節の新潟戦のように、ボールを保持しても攻めあぐねれば、石井新監督の大宮にカウンターを狙われるだろう。負ければ降格が決まる可能性のある一戦での奮起に期待したい。