デーブ・スペクターと水道橋博士

写真拡大

24日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントのデーブ・スペクターと浅草キッドの水道橋博士が指摘した、名古屋市の低迷理由がまさかの一致となった。

番組では「名古屋 ヒット曲がない」と題し、朝日新聞デジタルの記事を紹介した。記事によると、名古屋市は予算200万円をかけてのご当地ソング作りを計画し、来年の完成を目指しているという。楽曲制作は「行きたくない街No.1」からの脱却が目的だとも報じていた。

そこでスタジオでは、出演者が「名古屋はなぜダメなのか?」をフリップに書き込みトークを展開していった。デーブは「マジメな話、名古屋かわいそう。いい街ですよ。広々してて、美味しいものがある」と名古屋市に同情。一方で、唐突に「板東英二がいるのがちょっと…」と指摘し、共演者を笑わせたのだ。坂東は中日ドラゴンズの元プロ野球選手で、名古屋のイメージがある。

すると、水道橋博士も「すみません」「ぼくもいいですか?」と口を挟み、自身のフリップを紹介。「板東英二のイメージが悪い」と書いており、スタジオ一同は大笑い。水道橋博士は「(デーブが)先に言うんだもん!」「やってられないよ!」と嘆いたのだった。

【関連記事】
水道橋博士 女性起業家基金に拠出金を表明した安倍晋三首相に呆れ
デーブ・スペクター トランプ米大統領の拉致問題をめぐる発言を評価
デーブ・スペクター イバンカ・トランプ氏への厚遇に指摘「トランプ氏になんでも言える人」