酒井高徳が選ぶ「歴代日本代表ベスト11」 香川や長友らは選外、真っ先に挙げたのは…

写真拡大 (全2枚)

ハンブルガーOBの高原を選出、「当時ヨーロッパで多く得点した唯一の選手」

 ハンブルガーSVでキャプテンを務める日本代表DF酒井高徳がクラブ公式ツイッターのインタビューで自身が選ぶ「歴代日本ベストイレブン」を明かした。

 動画では「彼にとっての日本代表ベストイレブンを教えてくれた」として、ホワイトボードに酒井が直接選手の名前を書き込んでいく様子が収められている。「すぐに思い浮かんだ名前は……」として取り上げられているのは、かつてハンブルガーで活躍したFW高原直泰だ。酒井は「彼はここでたくさんのゴールを決めた。当時ヨーロッパで多く得点した唯一の選手だ。もちろん日本代表でもとても重要な選手だった」と理由を明かしている。

 また酒井が主戦場とするサイドバックで選んだDF内田篤人(ウニオン・ベルリン)や2トップの一角に据えたFW岡崎慎司(レスター・シティ)にも言及。中盤の左サイドで選出したMF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)については、「それほど長くドイツにいなかったけれどボーフムでプレーしていた」と語っている。

 また、左サイドバックにDF三都主アレサンドロの名前が挙がり、動画では「三都主アレサンドロという名前は日本人らしくない響きだが、彼もベストイレブン入りを果たした一人だ」と紹介されると、酒井は三都主への思いを口にしている。

「本当に素晴らしい選手」と絶賛

「日本で生まれてはいないけれど、長く日本でプレーしていたから日本国籍を取得できたんだ。彼自身、日本代表としてプレーすることを望み、帰化後は日本代表の左SBとして長い期間プレーしていた。当時、僕はまだ小さくていつもテレビで彼を見ていたけれど、本当に素晴らしい選手だと思っていた」

 動画の最後には、「(現在)ヨーロッパでプレーしている唯一の日本人GK」として川島永嗣(メス)の名前を挙げている。一方、今回の11人から漏れたのはMF香川真司(ドルトムント)や長谷部誠(フランクフルト)をはじめ、今月10日のブラジル戦でサイドバックとして史上初の代表100試合出場を達成したDF長友佑都(インテル)、日本代表最多出場記録を保持するMF遠藤保仁(ガンバ大阪)らとなった。

 酒井が挙げた「歴代日本代表ベストイレブン」は以下の通りだ。

【FW】高原直泰、岡崎慎司

【MF】中田英寿、小野伸二、本田圭佑、中村(中村俊輔または中村憲剛/NAKAMURAのみの表記のため)

【DF】内田篤人、吉田麻也、中澤佑二、三都主アレサンドロ

【GK】川島永嗣

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ハンブルガーSB公式ツイッターに投稿された酒井高徳が選ぶ「歴代日本代表ベスト11」の様子

ハンブルガーSB公式ツイッターに投稿された酒井高徳が選ぶ「歴代日本代表ベスト11」の様子