<カシオワールドオープン 3日目◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
賞金王、シード権争いが佳境を迎えている国内男子ツアー「カシオワールドオープン」の3日目。今季国内7戦目となる石川遼が、スコアを3つ伸ばしてハーフターンしている。

トータルイーブンパーの38位タイからのスタートとなった石川は、スタートホールの10番と11番を連続バーディ発進。さらに15番でもバーディを奪い、トータル3アンダーまでスコアをアップした。その後、16番でこの日最初のボギーを叩くも、18番でバーディを取り返して前半を終了。現在11位タイまで順位を上げている。
ここまでのところ、トータル6アンダーの首位タイに、キム・キョンテ、ドンファン(ともに韓国)、スンス・ハン(米国)、今平周吾の4人が並んでいる。また、1打差の5位タイにソン・ヨンハン(韓国)と谷口徹、時松隆光の3人が続いている。
そのほか、賞金王争いを続ける小平智と宮里優作は5ホールまで消化して、ともにイーブンパーの35位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼、2週連続で予選突破「先週よりもさらに良い」
石川遼 ショットには手ごたえも「練習量の足りてない部分が出た」
石川遼、ホスト大会で目指すは「優勝争い」
石川遼が競り負けた18番 バーディ奪取必須!【今週のKey Hole】
石川遼に何が起こっているのか、田島創志はこう見る