稲村亜美が編集部を訪問!

写真拡大

“神スイング”“神ピッチング”で人気を集めるタレントの稲村亜美が、2018年版カレンダーを発売。11月某日に「ザテレビジョン」編集部を訪問し、編集部員と触れ合いながらカレンダーをPRした。

【写真を見る】稲村亜美が編集部員とパシャリ!

その後、稲村にインタビューを行い、カレンダーの出来についてや、2017年の活躍を振り返ってもらいつつ、残すところあと2球団となった始球式全球団制覇への強い思いを語ってもらった。

また、年末年始のイベントごとの予定や、2018年の抱負についても聞いてみた。

――まずはカレンダー発売おめでとうございます! ズバリ、出来はどうでしょうか?

ありがとうございます! カレンダー撮影のためにいろいろなスポーツをやったんです。体験したことがない分野ではキックボクシングだったり、陸上のクラウチングスタートだったり…。そのクラウチングスタートの写真が表紙になりました。

――お気に入りはどのカットですか?

ボルダリングですね。それにキックボクシングは格好良く撮れたので、自信があります。撮影は競技場や都内各所で夏の暑い時期に行いました。

――撮影で印象に残っていることは?

そうですね…ボルダリングの撮影終わりに、近くにたい焼き屋さんがあって、そこのモナカアイスを買って食べたのが印象に残っています。

――えっと、撮影の話じゃないんですね(笑)。

すみません(笑)。ちょうどおなかが空いていたときにあったので、恵みのアイスでした。あと、キックボクシングもすごく楽しかったです! 受けてくださるトレーナーさんが「いいねえ〜!」「今の格好いいよ〜!」という感じで気持ちを盛り上げてくださったので、ちょっと調子に乗りながらできました(笑)。

やったことがないスポーツだったので、そう仰っていただけたことで、自分でもできているのかな? 才能あるのかな?って勘違いしながらできました。

――稲村さんご自身は1月生まれですが、四季で言うといつがお好きですか?

冬は嫌いですね。外は寒いし、コートを着るのも嫌いだし、室内は暑いし…。一番冬が嫌いなんですが、かといって夏もそんなに好きじゃないんですよ。日差しも強いし、代謝がいいので汗がすごいので…。だから秋がいいなあ。10月末くらい!(笑) 食べ物もおいしいですよね。

――2017年も大活躍されましたが、1年を振り返って印象に残っていることは?

缶コーヒー「WONDA」のCMに出させていただいて、地方へキャラバンで回らせてもらったんですよ。全国8カ所を巡り、その土地のおいしいものを食べて、いろいろなテレビ局や新聞社に行きました。北海道から始まり、南は福岡まで。楽しかったですね。

――各地でおいしいものを食べられましたか?

はい! 広島のお好み焼きもおいしかったですし、鯛茶漬けもおいしかったです! 本当においしくて楽しいキャラバンでした(笑)。

――4月には川崎競馬の2017年度イメージキャラクターになられましたが、競馬は詳しくなりましたか?

どうでしょう…地方競馬って難しいですよね!(笑) どの馬が勝つか全然分からないです。でも、川崎競馬場はとてもきれいで、すごく楽しいですよ。馬もすぐ近くで見られたので、感動しました。

――サラブレッドは大きいですよね!

大きいですね〜。格好良くて、馬と触れ合ったことで乗馬したいなって思いました。

――おお! 乗馬経験はありますか?

マザー牧場で1回乗ったのと…(笑)、岡山でも1回乗りました。そこでは普通の大きな馬に乗って、ちょっと走ってもらったので、怖かったです。でも、楽しかったですよ! 馬が欲しいなあ(笑)。

――馬はなかなか高級ですからね。

そうですね(笑)。でも、キタサンブラックは馬にしては安い数百万円で取り引きされたのに、もう15億ぐらい賞金稼いでいるんですよね! 夢がありますよね。だから、アミサンブラックにも頑張ってもらわないと(笑)。

――お〜? 安易にパクリましたね(笑)。

ふふっ。北島三郎さんに怒られますね(笑)。

――そして12月には「柔道グランドスラム」がありますね。

そうなんです。中継でアシスタントをやらせていただくので、今はもっぱら柔道を勉強中です。先日、グランドスラムに向けた番組で、大外刈を教えていただきました。楽しかったですね。学生の時はやったことがなかったので、ルールも勉強しないと…ですが。

――そういえば、いつごろからスポーツをお好きになったんですか?

昔から好きだったんですよ。小さいころから鬼ごっこやドッジボールが好きだったので。でも、特に野球をやり始めた小学1年生のころからですかね。

――おかげで運動神経はずば抜けていて、スピードガンで103kmを計測したんですよね?

昔から擦り傷が絶えない子でした(笑)。投球スピードは、公式の始球式では103km出まして、練習で測ったときには105km出したことがあります。

――当面は「始球式全球団制覇」を目標に掲げていらっしゃると聞きましたが、もし達成したら次はやっぱり…。

メジャーです!(笑) 

――そうなりますよね(笑)。

はい(笑)。今度はメジャー全球団制覇へ! 遠いな〜!(笑) 

――観戦には行かれたことあるんですか?

まだないんですよ〜! でも、来年には行きたいな。うん。アメリカ行きた〜い!

私の想定では2017年に行っておきたかったんです。でも、行けなかったので、来年にはぜひ行きたいですね。

――来年は大谷翔平さんも行かれるとか…、じゃあ追って行きますか?(笑)

おーっ! そうですよ! ぜひ行きたいです!

――ではあらためて、2018年の目標を教えてください。

2018年は、広島東洋カープと読売ジャイアンツの2球団を残すのみとなった、始球式全球団制覇をさせていただきたいのと、メジャー観戦ですね(笑)。まずは観戦を! アメリカに行って始球式の下見しないと(笑)。

――テレビ周りでは何かありますか?

そうですね…やはりレギュラーが欲しいですね!(笑) レギュラー番組が終わってしまったので、2018年はテレビやいろいろなメディアにたくさん出られたらいいなと思います。

――そしてもうすぐクリスマスですね。理想のクリスマスは?

出たよ〜!(笑)

――いや、出たよ〜!って言われると聞きづらいんですが(笑)。

冗談です! ちゃんと考えてみます(笑)。何でしょう…(長考)。やっぱり…トナカイに乗りたいですね。

――ズルい! ファンタジー方向に持っていくんですね(笑)。

いやいや違います! それが理想なんですもん(笑)。だって実際にトナカイも場所によっては乗れますよね?

――そりゃ乗れるかもしれないですけど…、基本は野生の方々ですからねえ。

そうですね(笑)。日本にトナカイはいないと思うので、じゃあ理想のクリスマスは、ニュージーランドなどのトナカイがいそうな地域に行って、野生のトナカイを捕まえて乗ります! それが理想です(笑)。

――“百獣の女王”ですね(笑)。

はい(笑)。それで、「いい?」って聞いて、ソリをつけさせてもらって。そういうクリスマスもありですよね? うん、ありですよ!(笑) 生きているうちにやってみたい!

――なかなかワイルドなクリスマスですね。

そうですね。だって、イルミネーションなんて1年中いつでも見られますもん。今だって夜になったら見られますから。

――ちなみにクリスマスにまつわるいい思い出ってありますか?

あまりないんですけど、家族で毎年クリスマスケーキは食べますね。私には兄が2人いるんですけど、その子どもが合わせて3人いるんです。去年はみんなで集まってケーキを食べて幸せでした。それが現実的な理想のクリスマスですね(笑)。

そうだなあ、理想のお正月は餅をたくさん食べることです! 餅つきをしたい! って、聞かれてもいませんね(笑)。

――いえ、ちょうど今から聞こうと思っていました(笑)。年末年始はどう?って。

おっ! ちょうど良かった(笑)。特にきな粉餅が食べたいです。餅つき自体は、少年野球チームのときに毎年やっていたんですけど、最近はほぼやっていません。

――事務所の皆さんでやられているイメージがありますが、やってないんですね。

浅井企画はないですね。でも、確かに新年早々に餅をついてそうなイメージがありますよね(笑)。

――もうすぐ22歳になられるとのことで、誕生日を迎えたら何か変えようと思っていることはありますか?

お酒を飲み過ぎないようにしなきゃ!ってことくらいですね(笑)。

――と、仰るということはかなり飲まれると(笑)。

ええ…。つい飲んじゃうんです(笑)。でも、1人では飲まないですよ。みんなといると楽しくて飲んじゃうので、お酒のペースを下げたいなあって思っています。ペースが早くて、一緒に行く子より一杯分くらいはいつも早く飲んじゃうので、なるべくペースを下げるようにしています。

あとはそろそろ運転免許が欲しい! それは毎年言っているんですけど実現できていません(笑)。だって通うの嫌なんだもん。だから、教習所の近くに住むのがいいかな。

あとは、乗馬のライセンスが取りたいです。4日間くらいで取れるやつがあるんですよ。それならPROFILEに書けますもんね!(笑) 

――それでは、最後に読者の皆さんへメッセージをお願いします!

2018年のすてきなカレンダーとなっているので、皆さんぜひ買ってください! 部屋に飾ってくれたらうれしいです!(ザテレビジョン)