前田有紀の『週末・気分転〈花〉』〜第3回〜
クリスマスにおすすめ!簡単「森のリース」の作り方。

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第三回はクリスマスを彩る、針葉樹を使った「森のリース」の作り方をご紹介!

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

クリスマスといったらこれ。リース作りにLet’s try!

街のいつもの風景にイルミネーションが点灯して、一層クリスマスの雰囲気が高まってきました。この時期は、クリスマスの花材が花屋さんで並ぶようになり、森の中にいるような、爽やかでいい香りに包まれます。

今回はお家で簡単に作れるミニリースの作り方をご紹介します。リース作りはハードル高そう!と思うかもしれませんが、針葉樹を使った「森のリース」は意外と簡単に作れちゃいます。

まずは、花屋さんで針葉樹を3、4種類買ってきてみましょう。今回は、ヒムロ杉、コニファー、ヒノキ、ヒバなど。それに一つ、実物(みもの)があるとアクセントになります。今回は白い実が特徴のリューカデンドロンのジェイドパール。

リースのベースとワイヤーは雑貨屋さんや花屋さんでも販売しています。ベースは大きいものだと、それだけ作業も大がかりなので、簡単に作れてしまう15センチくらいの小さめのものがオススメです!

「森のリース」が簡単3ステップで作れちゃう!

【ステップ1】すべての花材を小さくカット

ベースに巻きつけていきやすいように、小さめにカットしましょう。それぞれの長さが少し不揃いな方がナチュラルな印象になりますよ。この時点で、いい香りに包まれます。

【ステップ2】ワイヤーをセットして巻きつけます。

最初に輪っかにして吊るすところを作ってから、巻きつけていきます。

リースの円に沿ってVの字を描くように、左右に交互に入れていきます。ワイヤーをきつく締めるのも大切です。

【ステップ3】ぐるりと一周巻きつけて完成!

ときおり手を伸ばして全体のバランスも見ながら、リースの円に沿って一周分葉を入れていきます。最後のところは、いれにくいのですが、しっかり巻きつけていきましょう!

カットしたワイヤーを最初のワイヤーとねじってとめたら完成です!

クリスマスを彩るリース、今年は手作りで決まり!

いかがでしたか?針葉樹を使った「森のリース」。ドアにかけておくと、通るたびに森林の香りに癒されて、優しい気持ちになれますよ。やはり自分で作るのはハードルが高い!という方は、色々なお花屋さんでリース作りのワークショップも開催されているので、ぜひ参加されてみてください。私がプロデュースを手がける〈世界の花屋〉でも、12月5日に開催する予定ですので、よろしければぜひ!

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから