20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、埼玉県でサービス業の仕事をしている若田結子さん(仮名・36歳)。短く整えられた黒髪のショートボブに、健康的な小麦色の肌が印象的な女性です。化粧っ気はあまりなく、メンズものを好み、フリルやレースといった女性らしいアイテムは苦手とのこと。ハキハキと喋る感じからも活発なイメージを持つ結子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、2歳下の妹との4人家族です。父親は公務員で、母親は学校の先生をしていました。一見お堅いイメージを持たれそうなんですが、私に関しては小さい頃はほぼ放っておかれていましたね。妹があまり体が強くなかったので、両親は妹に付きっきりだったんです。小学生の頃はそんな状況に不満もありましたが、大きくなるにつれて、妹を守ってあげないと!というお姉ちゃん魂が出てきたので、寂しさはそこまで感じなかったです。今でも家族と仲良しですよ。妹は短大を卒業後に高校の時から付き合っていた彼氏と早々に結婚して、今は元気に二児の母親をやっています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「実は玉砕続きで、初めて彼氏ができたのは社会人になってからなんです。中学時代から好きな人ができると仲良くはなれるんですが、友達止まりで告白したら振られてしまうんです。1番の女友達にはなれるんですけどね……。それに高校で急に肌荒れが激しくなって、顔中ニキビ肌になってしまったんです……。今も痕が残ってしまっていてコンプレックスで……。ニキビと、中学・高校とソフトボール部で日焼けしていた結果、今のシミ顔にもなっています……。

その後大学に進学するんですが、どんどん自分のビジュアルに自信が持てなくなり、大学時代も同じゼミを取っていた同い年の男性を好きになったんですが、それも友達止まりで終わっていました。初めての彼氏は、社会人になって行った合コンで知り合った人です。合コンでは盛り上げ役に徹することが多く、出会いなんて期待してなかったんですが、そこにいた幹事の男性にみんなのお世話をしていたところを気に入ってもらえて。そこから何度か2人でデートして付き合うことになったんですが、2か月も経たないうちに音信不通になりました。何度連絡しても繋がらなくて……。初めての彼氏と言っていいのかどうかもわからない、なんで振られたかもわからない感じですね」

新しい職場で出会った彼と男女関係に進展するものの……

その後3年間務めて、1つ目の会社を退職。その後就職した先で、友人として仲良くなった2歳上の男性と体の関係を持ってしまい……。

「初めての職場はメーカーの広告などを担当する部署で、とにかく激務でした。体も辛くなって、私の唯一の取柄である健康が無くなってしまいそうになり、3年踏ん張ってから辞めました。3か月ほど失業保険が出たのでその間に体調を戻して、その後に小さな広告代理店に入りました。ここは担当制でキッチリと仕事分担が振り分けられていて、1人1人の仕事はそこまで多くなかったんです。お給料は前職より減りましたが、プライベートに時間を割けるようになり、大学時代の友人と出会いの場所に行ったり、合コンに行ったりを繰り返していましたね。なんの成果もなかったんですがね……。

でもそんな中、社内で2歳上の男性と友人として仲良くなったんです。彼はさわやか系で、女性社員からの人気もそこそこの男性でした。最初は友人として遊んでいたんですが、お互い酔っ払ってしまった時があって、その時に体の関係になってしまって。それから私は、彼のことがどんどん好きになっていきました」

その後、彼は気分が落ちた日に結子さんを誘い、体の関係を持つ……といった都合のいい女状態が続いたと言います。

「そんな関係だったんですが、幸せでした。友達じゃなくて、都合のいい“女”になれたんですから。彼は私に気を使って、恋愛関係の話は私には一切してこなかったんですが、別部署にいる既婚者の女性のことが好きだと気づいてしまって。彼も彼女が寂しい時に寄り添うような、都合のいい男だったんです。その事実を知った時、不思議と嬉しかったんです。既婚者が相手だったら、彼を完全に取られることがないと思ったから。このままの関係を続けていけば、彼はいつか私だけを見てくれるかもしれない!そう思って、彼女を優先されて、ドタキャンを繰り返されてもめげずにがんばって彼を支え続けていました。でも、それも結局、独りよがりだったみたいで……」

彼の部屋で会うことは少なく、呼び出されてすぐに向かうのは決まってラブホテル。そんな関係を否定されたくない思いから、親しい友人にさえこの関係は隠していたと言います。

既婚者を追いかけ続ける彼の心の隙間を支え続けた結子さん。いつか彼と……といった思いは180度違った方向へ進んでしまいます……。〜その2〜に続きます。