ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

シード数が「32」から「16」へ変更…フェデラーは歓迎「興味深いところ」

 テニスのグランドスラム(GS)委員会は21日、2019年から同大会のシード数を現行の「32」から「16」に削減することで合意した。このフォーマットに当てはめた場合、右手首の故障でツアーを欠場し、世界ランク22位となった錦織圭(日清食品)はシードにならず、初戦から猛者と戦わなければならない。GSの勢力図を大きく変える可能性もあるシード権の半減について、世界ランキング2位のロジャー・フェデラー(スイス)は独自の見解を示している。米経済紙「フォーブス」が報じた。

 GSのシード数が16となれば、2001年以来のこと。これにより、ランキング上位のスター同士が4回戦前に激突する機会が増加し、四大大会の熱気を高める効果が見込めるだろう。

 記事によれば、この制度変更についてGS優勝19回を誇るフェデラーは、「自分が初めて優勝を経験した頃の、元に戻ったようだね。16シード制になることはたしかに興味深いところだ。32シード制には問題があったよ。マスターズ1000のイベントでは、不戦勝になるシード選手が8人もいたぐらいなんだからね」と話したという。

 今季全豪オープンとウィンブルドンで優勝を飾ったフェデラーは、制度改正を歓迎しているようだ。

世界ランク17位以下は初戦で強豪と対決も…「ドローがすごく影響することになる」

 一方で、世界ランク17位以下でこれまでシードの恩恵を受けてきた選手たちは、いきなりトップランカーと対戦する可能性が生まれ、1回戦負けのリスクも高まる。

 例えば、右手首の故障から復活を目指す錦織は現在世界ランク22位。2016年のリオ・デジャネイロ五輪で銅メダルを獲得し、一時は世界TOP4まで上り詰めた日本のエースだが、仮に制度導入の2019年時点で世界ランクが17位を下回る場合は、初戦でフェデラーら猛者と対決するシチュエーションも想定しなければならない。

 もっとも、スイスのマエストロにとっては、そういった過酷な環境も“心地よい刺激”なようだ。

「16シード制は興味深い。ドローがすごく影響することになる。1週目から面白い試合になるだろうね。トップ選手は楽に慣れていたという訳ではないけれど、長い間、1週目を簡単に突破してきた。世界ランク17位や19、20位の選手と戦うことはあまり乗り気ではないけれど、そういうものとして受け入れるよ」

 フェデラーは初戦からの猛者との闘いに想いを馳せていた。