試合終了間際に決まった決勝点を喜ぶ東京ヴェルディの選手たち【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

5位決定の光景。これまで歩んだ艱難辛苦の乱反射か

 明治安田生命J2リーグで5位に入り、J1昇格プレーオフへの出場を決めた東京ヴェルディ。プレーオフへの切符をかけた最終節の徳島ヴォルティス戦では、ホーム・味の素スタジアムに14541人の観客を集めた。今季最多の入場者数を記録した試合で激戦をモノにしたJリーグ初代王者は、J1をかけた舞台でどのような戦いぶりを見せるだろうか。(取材・文:海江田哲朗)

----------

 11月19日、2017シーズンのJ2レギュラーシーズンが終了。5位でJ1昇格プレーオフ(以下、プレーオフ)出場圏に入った東京ヴェルディは、週明けから通常と変わりなくトレーニングを行っている。年内、次なる目標を視界に入れて活動するJ2クラブは4つのみだ。

 二度目の降格となった2009シーズンから、今季ではや9年目を数える。J2にすっかり根を生やし、よほどのことがない限り勝ち星を計算できる対戦相手は見る間に減っていった。いまではきれいにゼロである。

 それにしても2012シーズンにプレーオフ制度が導入された当初、いらんだろ、と思った自分が恨めしい。

2012シーズン 7位
2013シーズン 13位
2014シーズン 20位
2015シーズン 8位
2016シーズン 18位

 昇格への道のりの険しさはそれなりに理解しているつもりだったが、プレーオフに出るのさえこんなに苦労するとは思いもよらなかった。まして、J3降格の危機と接近することなど、他人事と考えていたフシがある。5位になって、優勝したような騒ぎになった味の素スタジアムの光景は、これまで歩んだ艱難辛苦の乱反射に見えた。

 最終節、プレーオフ出場をめぐる直接対決の徳島ヴォルティス戦には、今季最多の1万4541人が駆けつけた。クラブは前売り券の売れ具合と招待券の配布状況、および着券率から約1万人と見込んでおり、+4000人のうれしい誤差が生じた。

「ホームタウン4市の小中学生は無料招待。その他の地域は小学生無料招待。チラシ配りは新宿区、杉並区、多摩地区など、通常より広範囲で行いました。回収した招待券の分析がまだ済んでいないので細かいことはわかりませんが、やはり試合の持つ意味の大きさが予想を上回る来場者につながったと捉えています。久しぶりに観戦に訪れたオールドファンの姿もあったようで、これを機会に再び関係を深めてもらえるとありがたいです」(クラブ関係者)

チラシ配りに出向いた選手が感じた悔しさ

 チラシ配りには、高木大輔、田村直也、澤井直人、林昇吾、渡辺皓太といった選手たちが自主的に参加した。大事な試合を目前に控えていたため、希望しても許可が下りなかった選手もいる。

 高木大は多摩センターの駅前で、「こんばんは、東京ヴェルディです!」とチラシを配った。高校生の男子は受け取ってくれたあとに「おれ、(FC)東京応援してんだよね」と聞こえよがしに言った。女子高生のふたり組は「こないだ味スタいった。FC東京の試合で」と明るい声で話した。

「悔しさはありますが、それが自分たちの現状なんだなと。僕らがチームを強くして、変えていくしかない。いまに見てろよ、という気持ちです」(高木大)

 現在12位のFC東京も決して強いわけではなく、むしろあの戦力で何をどうやったらあんな無味乾燥なチームに仕上がるのか教えてほしいくらいだが、あちらはJ1だ。世界が違う。

 昨季、一度もなかった1万人超えのホームゲームが2回あり、1試合平均入場者数は6206人と4年ぶりに6000人台に乗った。これを次につなげなければうそである。集客アップに向けた試み、サポーターと協力して取り組む施策に関しては、今年2月に開催されたラウンドテーブル(クラブとサポーターの意見交換会)の議事録公開が10月になるといった、てんでお話にならないところも依然として見受けられるが、実りは実りとして今後に生かしたい。

J1昇格をかけた戦いの果てに、ヴェルディは何を見つけるのか

 11月26日、プレーオフ準決勝。アビスパ福岡との決戦の地は、なぜか熊本・えがお健康スタジアム。本来、Jリーグからは開幕前にプレーオフの会場を押さえておくように通達されているが、10月に入ってなお福岡は3会場を候補に上げ、確定させることができずにいた。プレーオフ出場の可能性があったクラブはこれに振り回され、てんやわんやだったと聞く。

 東京Vは通常なら早めに押さえておくホテルの手配で行き詰まり、最終的にはJリーグが助け舟を出してどうにか確保している。今回は過ぎたこととして、この先、同様の事態に陥った場合はホーム開催権の剥奪処分が妥当だ。

 最終節の徳島戦は出場停止によりスタンドからチームの戦いを見守ったキャプテンの井林章は、プレーオフに向けた意気込みをこう語る。

「いままで手が届きそうで届かなかった舞台。やっとつかめたという安心感があり、日増しにやってやるぞと高揚感が湧き上がってきています。スコアレスドローだった前回の対戦ではウェリントン選手をはじめ、相手には主力数人がいませんでした。相手には年間順位のアドバンテージがあり、厳しい戦いになるでしょうが、こっちが先制点を取るまで絶対にゴールは割らせない」

 あの日、味の素スタジアムを訪れた人たちのなかで、熱に浮かされたまま熊本まで駆けつける人は少数にとどまるだろうが、誰もが結果くらいは気にかけるに違いない。石にかじりつくようにしてゴールを守り、あらん限りの力を振り絞って前に出る。

 東京Vの選手たちはハードワークという言葉が陳腐に感じられるほどすべてを出し尽くした。そうまでしていきたかったところに何があるのか。戦いの果てに、何を見つけるのか。そこに興味をそそられないはずがない。

(取材・文:海江田哲朗)

text by 海江田哲朗