ゴールを量産するレオ・メッシ

写真拡大

リーガ第12節が終わり、現在の得点ランキングは以下のようになっている。

1位 レオ・メッシ (FCバルセロナ) 12点
2位 シモーネ・ザザ (バレンシア) 9点
3位 セドリック・バカンブ (ビジャレアル) 8点
4位 トニー・サナブリア (レアル・ベティス) 7点
4位 ロドリゴ (バレンシア) 7点
4位 マキシ・ゴメス (セルタ) 7点
4位 クリスティアン・ストゥアーニ (ジローナ) 7点
8位 ミケル・オイアルザバル (レアル・ソシエダ) 6点
8位 イアゴ・アスパス (セルタ) 6点
8位 アンジェル・ロドリゲス (ヘタフェ) 6点

現在トップはFCバルセロナのレオ・メッシ。12試合出場中で12得点を挙げていて、この記録は去年自身が輝いたピチーチ賞のペース(第12節で9試合出場8得点)を上回っている。

2位は今季大ブレークしているバレンシアのシモーネ・ザザ。11試合出場中で9得点を挙げメッシを追走している。ザザの活躍によりチームは現在2位、次節首位のバルサと上位直接対決が行われる。

ちなみにレアル・マドリードの“BBC”は3人合計で4得点、そしてクリスティアーノ・ロナウドに関しては欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランス)全得点者の中で最下位のシュート成功率(2.5%)となっている。