『オネエスタイルダンジョン』ファイナル潜入! 二丁目で育んだ“HIPHOPとゲイカルチャーの融合”

写真拡大

 「オネエスタイルダンジョンってイベントがあったら楽しくない?」

 二丁目で活躍するドラァグクイーン(女装)のアロム奈美江と「西新宿パンティーズ」というゲイHIPHOPユニットの一員でありながら新宿二丁目ALAMAS CAFEの店長を務めるスヌープバタ子、そんな二人の悪ふざけからそのイベントは始まった。新宿二丁目版フリースタイルダンジョンというわけである。

(関連:HIPHOPの現場でLGBTへの理解進む ラッパーたちが“価値観からの解放”を表現

 もはや押しも押されぬ人気を誇る『フリースタイルダンジョン』はテレビ朝日系列のMCバトル番組だ。若手のラッパーたちがフリースタイルラップでバトルに挑む。しかし立ちはだかるのは輪入道や般若など、名高いラッパーたち。モンスターと呼ばれる彼らは数々のMCバトルを乗り越えてきただけのことはあり、彼らを倒すことは容易ではないのだ。

 そしてその二丁目版パロディーとなる『オネエスタイルダンジョン』でチャレンジャーたちが勝負を挑む相手は、なんとドラァグクイーン。胡蝶蘭やチカコ・リラックスなど、ラップのラの字も知らないモンスターたちだが、二丁目で身に着けたお喋りスキルを活かしてチャレンジャーを返り討ちに遭わせる。チャレンジャーにラップのスキルがあろうが見た目DISをしようがモンスターには通用しない。コミカルながらも非常に毒のあるモンスターたちのラップ(トーク)に翻弄されてしまう。

 当初は主催者も出演者もそれぞれ不安を抱えたままの開催となったが、いざ蓋を開けてみれば第1回から大盛況。イベント考案者のアロム奈美江や、二丁目はもちろんのこと、渋谷Organ Barや乃木坂Club CACTUSなどでもパーティーを開催している女性DJのLADY-Kを審査員に迎え、ゲスト審査員にはなんとZEN-LA-ROCKが登場。バトルでは「私の名前はチカコ・リラックス。デブでオカマで女装です」という自虐パンチラインを生み出して観客を一瞬で魅了したチカコ・リラックスというスターMCも誕生した。チャレンジャーには一般人から、音源をリリースするOnjuicyや社会人MCバトルなどで活躍するyasco.などのラッパーまで、様々な人々が名乗りを上げてバトルに挑んだ。モンスターは女性MCのyasco.に強烈なパンチラインを放つ。「知ってる? 二丁目では(価値がある順は)ホモ、ノンケ、犬、そして女」そのコミカルなバトルの様子はSNSなどでも動画がシェアされて人気を集めた。

 オネエスタイルダンジョンはその後も評判を呼び、第2回、第3回と続いていく。『ビジネスマンラップ選手権』を主催しているBRTの計らいにより、二丁目を飛び出して新木場ageHaで開催されたこともある。FRESH!の配信番組『漢たちとおさんぽ』出演でもお馴染みのモデル・立花亜野芽を迎え、BRT主催の『FRESHスター誕生』優勝者でもあるN0uTYがバトルに挑んで場を盛り上げた。モンスタークイーンのイズミ・セクシーが「N0uTYかわいい!」と騒ぎ立てたり、ドリアン・ロロブジーが「あたしもあなたも変態! 今夜はアゲハ中が変態!」とシャウトするなど、N0uTYを翻弄しながら観客を楽しませた。

 言わば「HIPHOPとゲイカルチャーの融合」である。しかもオネエスタイルダンジョンの観客の半分以上はストレートの男女。新宿二丁目というアンダーグラウンドから生まれたイベントはここまで成長してしまったのだ。「LGBT」についての話題が絶えない昨今だが、よりオネエという存在を身近に感じられる場としてオネエスタイルダンジョンは機能していた。観客の中にもチャレンジャーの中にも「初めて二丁目に来た」という人が大勢いた。二丁目に足を踏み入れることは、大変勇気が要ることだっただろうと思う。その一歩を踏み出してくれたことに当事者としても嬉しい気持ちがあった。そしてオネエスタイルダンジョンは、その見返りとして素晴らしいエンターテインメントを充分に提供してくれるイベントだったと思う。

 しかしオネエスタイルダンジョンは、11月12日の開催をもって最終回を迎えることとなった。「元々企画ものだったしね」とスヌープバタ子は語る。「年内に終わりってのは最初から決まってたのよ。ぐだぐだ続けるよりも人気のあるうちに潔く終わらせたいよね」。多くのファンを生み出したオネエスタイルダンジョンは惜しまれながら、ついにファイナルを迎えた。

■審査員にはMC漢 a.k.a. GAMI

 ファイナルだけあって出演陣も豪華だ。審査員にはお馴染みのアロム奈美江、LADY-K、そしてあのMC漢 a.k.a. GAMIが登場。MC漢と言えば本家フリースタイルダンジョンの初代モンスターである。PRIMALらと組んだMSCというユニットで2000年から活動を始め、『Matador』『新宿 STREET LIFE』などの名盤をリリース。ソロとしてもB BOY PARK MC BATTLEで優勝し、「何食わぬ顔してるならず者」「スキミング」など名曲を多数ドロップ。現在ではヒップホップレーベル<9SARI GROUP><BLACK SWAN>の運営に携わりながら『漢たちとおさんぽ』などのメディアに出演してシーンを牽引し続ける。著書『ヒップホップ・ドリーム』がヒットしたのも記憶に新しい。今年もフリースタイルダンジョンのモンスターが総出演したDungeon Monsters「MONSTER VISION」への参加や、SALU「LIFE STYLE」への参加などその勢いは衰えることはない。

 しかし「成り上がりのプッシャー」を自称するだけあり、善も悪も含めてリアルな新宿を生き抜いてきたMC漢。最近ではBEEFの末にクラブでKNZZにマイクで殴打されて和解したことも話題になった。そんな漢は過去にMSCとして「新宿アンダーグラウンド・エリア」という曲で新宿二丁目をDISしている。DISといっても軽くネタにしている程度だが、そんなMC漢が二丁目のイベントに顔を出すということは本当にすごいことだ。時代が変わった、といえばそれまでだが、フランク・オーシャンや西新宿パンティーズのようなLGBTアーティストが登場して、HIPHOPシーンも変わりつつある。そんな中、MC漢もLGBTに対して友好的に接するようになった。もうゲイと仲良くするからといって誰も「WACK」だとは言わない。

 「何回かオファーが来るたび断っていたのですが、いつの間にか話が進んでました」「僕の席からだとチカコ・リラックスさんのスカートの中身が見えそうなんですが」とリップサービスを交えながら挨拶し、場を和ませるMC漢。彼を知らなかったゲイの観客も思わず魅了されてしまう。「漢さんかわいい!」という歓声も上がった。90年代からHIPHOPシーンをかじっていたあたしとしてはこんな光景が見れる日が来るなんてと、今にも泣きだしそうな想いだった。

 そして豪華な演出はこれだけではない。なんと本家フリースタイルダンジョンからZeebraのビデオメッセージが届いたのである。「オネエスタイルダンジョン始まるぞー!」というコールだけだが、これだって重要なことである。古いB-BOYなら知っていると思うが、ZeebraやK-DUB SHINEが所属するユニット・キングギドラの2002年のシングル「UNSTOPPABLE」収録の「ドライブバイ」のリリックにおいて「ホモ野郎」や「オカマ」という言葉を使ったために同性愛団体などから抗議が殺到し、回収する事態にまで発展したのだ。Zeebraもblastなどでその件について「そういった意図はなかった」と振り返ってはいるが、以来、HIPHOP業界においてLGBTは「触らぬ神に祟りなし」という扱いになった。そして実に15年の歳月を経てZeebraからビデオメッセージが来たことにより当事者同士で友好関係を築くことができた、そういう見方もできるのだ。

 しかし感慨に耽る暇なくバトルはスタートする。今回はチャレンジャーが先攻・モンスターが後攻という新ルールが適用された。司会進行はお馴染みのLADY。初回はたどたどしさもあったものの、女性にしてオネエノリという独特なキャラ全開で勝負をさばいていく。「MCのあたしですが、100%モンスターに肩入れしております。理不尽でしょ!」と彼女自体もパンチラインを放ちまくる。

 今回モンスターを務めるのはチカコ・リラックス、胡蝶蘭、オナン・スペルマーメイドの3人である。普段ラップとは縁遠いところにいる彼女たちがどんなラップをするのかとても楽しみだ。

 1回戦目でモンスターのチカコ・リラックスに挑んだのは半女装の謝謝美。旧知の仲でありながら、オネエスタイルダンジョンでも毎回戦ってきた因縁のコンビである。このイベントではバトルの前にクエルボのショットが振舞われることがお約束だ。しかも今回はクエルボが協賛とのこと。「こんなイベントに協賛してどんなメリットがあるのかしらね」とチカコ・リラックスは首を傾げる。ビートを選ぶのはDJ色彩。Chicの「Good Times」やシェリル・リンの「Got to be real」などのダンサブルなナンバーが流れてバトルは始まった。

■謝謝美×チカコ・リラックス

謝謝美:ブスブスオネエのチカコ・リラックス。お前の身体はコンプレックス。股が破れたあんたのサイズ。まだ覚えてるか、エアロビクス!

チカコ:あれ、なんだか上手くなってる。自己紹介? ありがとうございます。私の名前はチカコ・リラックス。デブでオカマで女装です。最近まではニートでした。だけど仕事が見つかりました。代々木のバンコクガーデンです。タイ料理です、コップンカー! 皆さん、せーの! コップンカー! 皆さん、せーの!

観客:コップンカー!

チカコ:皆さん、せーの!

観客:コップンカー!

謝謝美:トモチカ(チカコ)との出会いは7年前。25歳のエアロビインストラクター養成学校。当時は80キロ、今は130キロのトモチカ。ずっと立ち仕事で膝が大変そう。膝大丈夫? エアロビクスあれだけ踊ってたのに踊ってないね。エアロビクスできるかな?

チカコ:できるよ!

〜そして始まるエアロビタイム。キレッキレの謝謝美に対してチカコはグダグダ〜

チカコ:ひっひひっひひ膝が痛い! ひっひひっひひ膝が痛い! こっここっここ腰が痛い! コンドロイチン待ってます! グルコサミンも待ってます! ぐるぐるぐるぐるグルコサミン! 世田谷生まれの!

観客:グルコサミン!

 これぞオネエスタイルダンジョン! 白熱したバトルだったが審査員のジャッジで勝利の軍配はチカコに上がった。観客は大喜びだ。MC漢も苦笑交じりの様子で見守っていたが、コメントを求められると「謝謝美さんが友人に似ていて複雑な心境です」と答えて笑いを誘った。謝謝美が「好きになっちゃった?」と聞き返すと「そのウザさも突き刺さる、新宿二丁目」とMC漢が答えてますます会場が盛り上がった。

■まっく×胡蝶蘭戦

 まっく×胡蝶蘭戦もすさまじかった。

 「あたしは大人だYO! だからあんたの事守るYO! なんていうの、これ。感じたろ? これがオネエだよYO!」と言う胡蝶蘭に対して「もっと魅力感じたい、それを教えてくれないと意味がない」と乞うまっく。「だってあたしの魅力伝えたら大変なことになっちゃうけど大丈夫?」と言いながら胡蝶蘭はまっくに艶めかしい口づけをする。会場は熱気に包まれるが、唇を奪われたまっくは茫然自失。そして胡蝶蘭は言い放つ。「ほら、あたしのライム感じたYO!」

 ストレートのまっくとしてはなんとも厳しい手ほどきを受けることとなったが、これもまたオネエスタイルダンジョンの醍醐味なのである。ちなみにチャレンジャーが勝利すると賞品がもらえるが、モンスターからのキスもその一つとしてラインナップされている。まっくは敗者にしながら賞品を得ることができたラッキーボーイだったのだ。

■CODY×オナン・スペルマーメイド

 続くCODY×オナン・スペルマーメイド戦。

 黒人女装というゴージャスな見た目のCODY、そして華美なメイクだけでなく、演劇を取り入れたパフォーマンスで評価を受けているドラァグクイーンのオナン。「あんたオハイオ州に彼氏いるっているっていうけど、その距離じゃ浮気されてる」とCODYがけしかけたかと思えば「あたしは毎晩浮気してる」とオナンがまさかのカミングアウト。しかも「今日もあたしは相手を見定めている。あんたあんたあんた!」と会場の観客を指名し、場内に笑いの渦を起こした。しかもオナンから指名された相手は司会のLADYの友人というオチで、CODYがすかさず「じゃああたしはその隣の子」とアプローチをすると会場はますます大盛り上がり。もはやバトルでもなんでもないと思ったのはあたしだけではないだろう。

■ダテメギリ×チカコ・リラックス

 ここでダテメギリというラッパーらしいラッパーがやっと登場する。終始緊張していた様子のダテメギリだが、実は『UMB 2016』の長野予選において準優勝という経歴を持つ正真正銘のバトルMCだ。「ブックマーク」という曲をリリースするほか、ライブをこなしながらFRESH!で『ラブアンドピースコレナニ』という配信番組を持つなど精力的に活動している。そんな実力派のラッパーすらチカコに翻弄されてしまう。

 「おかまいなしか! おかましかいない!」と言葉遊びを仕掛けるダテメギリに対し、チカコ・リラックスは「あなたのしゃべりは最高ね! あなたの髪型も最高ね!」と褒め殺しかと思わせながら「でも顔はムリムリムリムリ!」と最後はDA PUMPを思わせるパンチラインでクリティカルヒット。やはりモンスターは強い。MC漢にコメントを求めると「チャレンジャーのラップが一定のレベルに達していてびっくりしました」と答えた。負けてしまったダテメギリだが、憧れのMC漢に褒めてもらえたことでとても満足していた様子だった。

■ショータイムも見逃せない

 こんな調子でバトルは続いていくが、ショータイムも見逃せない。

 トップバッターは審査員のアロム奈美江だ。アロム奈美江が敬愛して止まない安室奈美恵になりきってsuite chic名義でリリースした「GOOD LIFE」を華麗に舞う。決して歌わない口パクだが、リップシンキングと呼ばれるショーだ。男性だと言わない限りわからない美しさを振りまいていく。そして客演で参加したZeebraのパートが始まるとその事件は起きた。椅子の上に置いていたパネルを起こすとなんとZeebraの写真がプリントされており、アロム奈美江がその写真にマイクを突き付けてZeebraに歌ってもらってる風を装ったのだ。シンプルながらも前衛的なパフォーマンスに会場が湧いた。さらにアロム奈美江は観客の中から男性をステージに連れ出して、服に「ジブラ」と書かれた名札を貼り、彼の周りで踊り続ける。しかも彼はZeebraのパートで積極的にマイクを持ってリップシンキングをして盛り上げた。二丁目特有の安っぽさとアロムのもつ可憐さが融合された「ある意味」完成度の高いそのショーはまるでZeebraとDOUBLEの「プラチナム・デート」を見ているかのような錯覚にすら陥ってしまった。

 続くはアクセル・ジルガーマン。その見た目のインパクトと頭の良さと器用さから最近はTV出演までこなす彼女だが、ショーも身体を張っていた。中島みゆきの代表曲をmixした楽曲に合わせて踊る。しかしかの迷曲「テキーラを飲みほして」が流れるとクエルボを一気飲みして会場を盛り上げる。それも一度や二度ではない。何回も流れるのでその度にクエルボを飲み続ける。最終的には「テキーラを飲みほして」しか流れない中、悶えながらもクエルボを飲み続ける彼女の雄姿に会場からは拍手と歓声と悲鳴が沸き起こった。

 そして待ちに待った西新宿パンティーズの登場だ。

 ゲイが3人も在籍する世にも珍しいHIPHOPユニットだが、「パンティーズ」を名乗るだけあって女性下着をアクセサリーとして身に着けたパフォーマンスで評判を呼ぶ。しかもトラック制作にkuma the sureshotや8ronixなどを迎えるだけあって、楽曲の評価も高い。業界内での評判も良く、先ごろ渋谷オルガンバーで開催された西パンのリリースパーティーではBUDDHA BRANDのNIPPSの姿もあった。

 そんな西パンのライブはMOUSOU PAGERからshowgunnを客演に迎えて制作された「君に壁ドン」からスタートする。女性下着が配られ、観客も頭にかぶったり、ヘアバンドのように身に着けていた。女の子は特に大はしゃぎだ。もうオネエスタイルダンジョンでもお馴染みのナンバーだが、下ネタ満載のリリックに観客も盛り上った。スヌープバタ子、adipoy、MCくんに君らMC陣のラップにも力が入る。そして尺八がその場でサックスを生演奏。showgunnの舌が回ったフロウも良いアクセントになっていた。

 そして新曲の「君に壁ドン part 2」。バウンシーなトラックはフロア受けもバッチリだが、西パンにしてはいつになくポリティカルなリリックが綴られている。<国境の壁 人種の壁 男女の壁 おかまとおなべ 言葉の壁 世代の壁 思想の壁 君に壁ドン> 目に見えない壁をドンと壊して行こうという内容である。そんな曲が二丁目で歌われるのは感慨深いものがあった。観客の胸にはどんな風に響いていたのだろうか。

 3曲目「僕らがパンティーを被る理由」ではなんと嫁入りランドがゲストで参加。マムダンス&ノヴェリスト「Take Time」を日本語でカバーした「NOW LOADING…」がイギリスのfactmagなどに取り上げられて注目を浴びた緩いガールズラップユニットだ。しかも楽曲の中で「赤いスイートピー」を引用しながら下ネタ満載の替え歌をする。そんな品の無さも西パンとの相性もばっちりだ。会場も盛り上がっていた。

 再びバトルに戻る。MC漢は残念ながらスケジュールの都合で会場を後にしたため、showgunnが2部の審査員に就いた。そして現役の駅員や2on2に挑むノンケなどチャレンジャーが続くもモンスターがことごとく返り討ちに合わせる。ただ、試合の度にクエルボを飲んでいるのでモンスターもそろそろ泥酔。特に胡蝶蘭が酔って予想外のコメントを繰り出すので見ているこっちがハラハラさせられた。なぜか審査員であるはずのshowgunnも巻き込まれてクエルボを飲ませられていたのが二丁目らしい展開だった。

■最終戦はyasco.×オナン・スペルマーメイド

 最後の試合のチャレンジャーは第1回目から参加しているyasco.。これまでの試合でもチカコ・リラックスに「そのボロボロのウィッグ、あたしが買ってやろうか」などクリティカルヒットを放って奇跡の勝利を掴んできた。オネエスタイルダンジョン皆勤賞のyasco,に会場からも「ヤスコー!」と声援が上がる。そしてモンスターのオナン・スペルマーメイドに「yasco.人気凄いわね。あたしこの人と戦うのもうこの時点でやだ」と言わしめるほどだった。

 そんなyasco.だがオナン・スペルマーメイドを前にして緊張でいつになく声がうわずっているのが見ていてわかった。だが彼女は果敢にも「歓声ありがとう! 第1回から参加して仲間も沢山できた。みんなオネエの人たち超良い人たち!」と二丁目への感謝のラップをし始めた。しかしオナンは「セブンイレブンのおでん最近食べた? セブンイレブンのおでんって食べるものじゃないのよ。×××するものなのよ」とここに書くのも憚れるエログロワールドを展開して歓声を掻っ攫ってしまう。「そういう二丁目で学んだ事、女かもしれないけど活かしていきたい。いつか何かに還元したい。そんな気持ちでやってる。あたしだって信念持ってる」とyasco.がアンサーするとオナンが「あんたのこと見直した」とyasuko.を認める発言をするが「でもあたし、あんたと戦わない。だってあたしもう勝ってるもん」というクリティカルヒットを放って勝負は終了。やはりモンスターの勝利となったが、「オネエスタイルダンジョンを一番愛しているチャレンジャーが最後のトリを飾ってくれました」とshowgunnがコメントするとヤスココールが再び沸いた。

 いつまでも会場の熱気は冷めず、DJ色彩が贈るDJタイムにそれぞれに酒を飲んで踊っていた。本当に終わるのが惜しまれるイベントだった。

 2017年は新宿二丁目にとってHIPHOP元年となった。オネエスタイルダンジョンが人気イベントとなり、西新宿パンティーズが新曲をリリースした。新宿二丁目ALAMAS CAFEで開催された「日本語ラップナイト」では人気ラッパーの狐火がライブを披露した。HIPHOPという音楽を通して多くの人々がゲイカルチャーの楽しさを知ってくれた。オネエスタイルダンジョンはこれで幕を下ろすが、遊びに来た客は「昔ね、オネエスタイルダンジョンってとっても楽しいイベントがあってね」といつか思い出話に花を咲かせるに違いない。今後もHIPHOPを愛する気持ち、そしてゲイカルチャーを愛する気持ちは皆の心に残っていくことだろう。(鼎)