ポーランド映画『ゆれる人魚』、肉食人魚姉妹の様々な表情切り取った場面写真公開

写真拡大

 2018年2月10日より公開される『ゆれる人魚』の場面写真が公開された。

参考:マーク・ウェブ監督が語る、感動作『gifted/ギフテッド』に挑んだ理由 「シンプルな映画を作りたかった」

 本作は、2016年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞をはじめ、世界各国で数々の受賞を果たした、ポーランドの女性監督アグニェシュカ・スモチンスカの長編デビュー作。共産主義時代下であった1980年代のポーランドを舞台に、ふたりの肉食人魚姉妹が、少女から大人へ成長していく姿を描き出す。

 公開された場面写真には、人魚姉妹がガラスボールで歌う姿や、口元を赤い血で染められた様子などが収められているほか、ミュージカル調のシーンの一部も切り取られている。(リアルサウンド編集部)