劇中シーン/(C)日本テレビ

写真拡大

11月26日(日)に日本テレビ系で放送される特番「誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!」(日本テレビ系)の中で放映されるドラマ「ずっと笑ってた」で、高校生時代のさんま役を演じた北村匠海。さんま曰く「高校生時代の俺が、未だに最高で、男としての頂点」。同級生や先生を“大爆笑”させていたという当時のさんまを、北村はどう演じたのか。独占コメントで振り返ってもらいました!

劇中シーン/(C)日本テレビ

――特番の中で放映されるドラマ「ずっと笑ってた」で、高校生時代の明石家さんまさん役を演じられたそうですね。

人生でとにかく難しかったです。

――どんな役作りをして挑んだんですか?

まずは、引き笑いを必死に練習しました(笑)。1週間、毎晩毎晩寝る前に天井を見ながら練習して(笑)。引き笑いはできるんですけど、それがさんまさんかって言われたらどうなんだろう?とか思っちゃったり。しかも、標準語で大丈夫と言ってくださっていたのですが、さんまさんを演じる上でバランスが難しくなっちゃう部分もあって…。でも、途中からはどこかで振り切って、さんまさんの役ではありますけど、僕らしくというか、僕なりの演じ方でいいのかなって思うようになりました。

――自分にこのお話がきたときの感想は?

正直、僕でいいの!?って思いました。おそらく(寡黙な役を演じた)映画「君の膵臓をたべたい」がきっかけではないだろうから、コメディータッチのお芝居をした映画「あやしい彼女」とかドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)を(スタッフさんが)見てくださったのかな?とか、いろいろ考えたりして(笑)。でも、いただいたお仕事には全て意味があると思うので、頑張ろうと思いましたね。

――撮影で苦労したことは?

僕が普段、そこまでテンションが高い方じゃないから、このドラマの撮影中は、朝から夜まで自分の中のテンションを最大限に上げていくっていうのが、ちょっと大変だったかなぁ(苦笑)。けど、撮影は面白くて、あっという間でした。

――“キミスイ”の「僕」から、今回のさんまさんまで、役の振り幅が大きいですね。

そうですね。役者としては、キャラクターやイメージが固定されるよりも、いろんな役をやらせていただける方がすごくうれしいことなので。今後もそういう役者でいたいというか、イメージに囚われないようにしていきたいなって。(役者の活動は)いい意味で自分の芯みたいなものをちょっと抜いて、柔軟にやっていけたらなって思ってます。(ザテレビジョン・取材・文=片貝久美子)