大勢のギャラリーの囲まれスタートする石川遼(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<カシオワールドオープン 3日目◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
国内男子ツアー「カシオワールドオープン」の第3ラウンドがスタートし、トータルイーブンパーの38位タイで2週連続の決勝ラウンド進出となった石川遼が、10番(パー5)からティオフしている。

多くのギャラリーからの声援を受けて3日目のスタートを切った石川は、フェアウェイからの2打目でグリーンを捉えることに成功。イーグルパットは決まらなかったものの、難なくバーディをゲット。さらに11番(パー3)でも1mを決めて連続バーディとし、ムービングサタデーに最高のスタートを切っている。
2日目を終えてトータル6アンダーの単独首位に立ったキム・キョンテ(韓国)は、1打差2位タイの今平周吾、時松隆光とともに午前10時45分に1番(パー4)をスタートする予定。賞金ランク1位の小平智と同ランク2位の宮里優作は、午前10時20分のインスタートで直接対決に臨む。
このあとの主な選手のスタート時間は下記の通り。
【この後の主要組のスタート時間】※は10番スタート
10時05分:岩田寛、デビッド・オー、チェ・ホソン
10時15分:ブラッド・ケネディ、薗田峻輔、J・B・パク
10時20分:正岡竜二、小平智、宮里優作※
10時25分:ドンファン、松村道央、片岡大育
10時35分:川村昌弘、香妻陣一朗、谷口徹
10時45分:時松隆光、今平周吾、キム・キョンテ
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼、2週連続で予選突破「先週よりもさらに良い」
首痛回復の小平智が“67”で大まくり!新ドライバーにも手ごたえ
モーリシャスから南アフリカ、そしてインドネシアへ!“旅人”川村昌弘の転戦プラン
寒くても半袖でプレー!元気印の25歳・今平周吾が2位浮上
様々な表情があふれた2日目…5人がシード権喪失