主婦のお仕事、年収いくらならトク?100万・106万・150万…それぞれの壁

写真拡大

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 2017年もいよいよカウントダウンが始まり、2018年の気配を感じる季節となりました。2018年から変わる制度の中には、女性が意識する収入の壁が変化する内容も予定されています。

◆100、103、141、106、130…たくさんある年収の壁

 結婚や出産にあたっては、夫婦で家事・育児や働き方を話し合いたいところですが、妻が働き方を調整しているケースも多いでしょう。夫の収入を家計の主軸と考える場合、妻は自分の収入をいくつかの壁を意識してコントロールすることがあります。妻の収入によって、自分や夫の支払う税金や社会保険料が変わるからです。

◆100万円の壁:100万超えると住民税が発生

 年収100万円を超えると、住民税を支払うことになります。住民税の計算をする際は「(年収−給与所得控除65万円−基礎控除33万円)×10%+均等割額−調整控除」となります。

 年収100万円の場合、住民税は0円ですが、年収101万円の場合住民税は約5500円「(101万円−65万円−33万円)×10%+5000円※−2500円」となります。

※自治体によって異なる均等割額を5000円と仮定。

◆103〜141万円の壁:所得税の配偶者(特別)控除から外れるけど、意識しなくていい

※2018年から150〜201万円に

 年収103万円を超えると所得税の計算上、夫の扶養から外れることになります。

 例えば、103万円までは妻が払う所得税は0円ですが、104万円だと所得税を500円納めることになります。また、妻の年収が103万円までは、夫の所得税を計算する際、38万円の配偶者控除が適用されています。所得税率は年収に応じて5〜45%と変化するため、夫の税金は、所得税1.9万円〜17.1万円+住民税3.3万円、合計5.2〜20.4万円安くなっていることになります(住民税の税率は一律10%で控除は33万円のため)。

 配偶者控除は103万円を超えると受けられなくなりますが、141万円までは配偶者特別控除が受けられます。夫の減税額5.2〜20.4万円は一気になくなるのではなく、段階的に減るだけです。通常、稼ぐ以上に税負担が増えるわけではないため、実は103〜141万円は壁として意識しなくてよいでしょう(勤務先で別途扶養手当などが出る場合は除く)。

 実は、この壁は2018年からは150〜201万円に引き上げられます。

 今より稼いでも配偶者控除等の対象になることを意味します。年収が高いと配偶者控除等が減額されることになったため、夫が年収1120万円超の家庭では、増税となります。

◆130万円の壁:国民年金・国保を払う必要。手取りが減る

 年収130万円以上になると、社会保障における扶養から外れることになります。

 会社員の妻で年収が130万円未満であれば、夫の扶養として健康保険や年金などの保険料の負担がありません。129万円なら保険料は0円ですが、130万円だと約30万円を払って、国民年金や国民健康保険に加入することになります。

 額面が増えたのに手取が減る現象が起きるため、確かに家計に対する影響で考えると壁と言えます。

◆106万円の壁:厚生年金や健康保険に加入でき、将来的にはトク

 昨年10月から、501人以上が勤める会社に勤務する、年収106万円以上の人は厚生年金や健康保険に加入することになりました。

 保険料を負担するため、手取が減る点では130万円の壁と似ていますが、企業の社会保障に加入できる点が違います。保険料の半分を会社が払ってくれ、老後に受け取ることができる年金が厚生年金となり上乗せされます。

 今の手取は減って見えても、将来の受取額が増えるため、あえて超えていくという選択もありそうです。

 今年の4月からは、501人未満の企業でも企業と従業員の間で合意がとれれば導入できることになっています。

 会社の社会保険に加入することをプラスと考えるのであれば106〜129万円、生涯年収を維持することを考えるならば壁を越えて200万円以上が、目指す収入と言えそうです。

 時給1000円で働くと仮定すると、1日5時間で年収約120万円、200万円を超えようとすると1日8時間以上働く必要があります。育児や介護など、家庭の役割をどれほど担うかによっては、200万円を超え続けることは難しいケースもあるかもしれませんね。

 夫婦の勤務先の扶養手当や社会保障の制度も確認し、納得ができる働き方を選んでいけると有利でしょう。

<TEXT/風呂内亜矢>
【風呂内 亜矢(ふろうち・あや)】
ファイナンシャルプランナー。CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。現在はテレビ、ラジオ、雑誌等でお金に関する情報を発信している。最新刊は『図解でわかる! 投資信託』(9月15日発売)

公式サイト:http://www.furouchi.com/
公式ツイッター:@furouchiaya