時間を選ばないし、なにより手軽で便利なネットショッピング! たとえ残業続きで買い物に行く暇がなくても、チェックしていた服や狙っていたバッグをワンクリックで購入できるとあって、ネットショッピングというのはまさに忙しく働くオトナ女子の強い味方なのです。さらに実店舗よりも安く販売されているものもあったりするのもいいところ。しかし、だからといって調子にのってポチポチと購入ボタンを押していると“クレジットカードの請求書がきたときにビックリ!”……そんな経験がある人も多いのでは?
そこで今回は、ネットショッピングでの落とし穴(買いすぎてしまう)をリサーチしました。そこから導き出せる使いすぎを防ぐためのアイデアも記載してあります。

支払い方法を変える!

「ボーナス月だったこともあり、気がゆるんで買い物をしたのは確かだけど……そこまで高額なものは買っていなかったのに、自分でも『いつの間にこんなに買ったの?』と思ったことがあります」(保育士/29歳/女性)

▽ 逆に、高額な商品を購入したのであれば、ある程度の覚悟はできるというものですが、少額なものばかりを購入してしまったときには、「え? 今月こんなに使ったの?」と思うこともあるでしょう。
クレジットカードは、その月に買い物したぶんがまとめて一度に引き落とされます。そのつど購入金額を記録しておくか、しっかり金額を把握しておくことが苦手だという人は、支払いをデビットカードや代引きに切り替えるなどの対策を取ることで使いすぎを防げるのではないでしょうか。

チェックする曜日や日にちを決める!

「暇さえあればネットショッピングのサイトをのぞいてしまって、ついつい買いすぎてしまうことが多い」(フリーランス/30歳/女性)

▽ 通勤時間にも買い物ができてしまう手軽さゆえに、暇さえあれば常にアプリを開いて買ってしまう。こういうタイプの人は、まず商品をチェックする日をあらかじめ決めておいてみてはいかがでしょうか?
それ以外の手持ち無沙汰なときは、ネットショッピングではなくオシャレや美容、恋愛についてのコラムを読んで女子力を上げてみる……とか!

購買意欲をシャットアウトしておく!

「“いい商品ができました”とか“限定品が販売されます”というような情報が入ってくると、買わないと損かな〜って思っちゃいます」(営業/34歳/女性)

▽ 各種メルマガを配信停止にするなどの自己対策をとることで、購買意欲が減ることもあるでしょう。また、よく行く大型商業施設やお気に入りのショップのインターネット情報をシャットアウトしてみるのも有効かもしれません。

今回は代表的な3つのタイプをご紹介しましたが、皆さまはどのタイプに当てはまりそうですか? ついつい買いすぎてしまう可能性を秘めているネットショッピング。お金の使いすぎを防ぐため、自分がどのタイプなのかを見極めることはとても大切なことですよね。