史上最大の技能五輪全国大会、25日から競技開始

写真拡大 (全3枚)

 「第55回技能五輪全国大会」が24日、栃木県で開幕した。同県での開催は初。今回からは、国際大会の正式種目である「移動式ロボット」が競技に加わり全42職種で熱戦を繰り広げる。参加する若手技能者は1337人で「史上最大規模だ」(技術委員長を務める岡部眞幸職業能力開発大学校教授)。

 同日、栃木県体育館(宇都宮市)で開かれた開会式では、大会会長を務める栃木県の福田富一知事は、モノづくりを取り巻く環境が世界的に激変を続ける中「若年者の技能向上を図り、モノづくりが尊重される社会の実現を目指す技能五輪は、モノづくり日本の競争力につながる」とあいさつ。岡部教授は「自らの技を信じて、競技に全力で挑み、大きな糧を得てほしい」とエールを送った。

 最後に栃木県選手団の工藤慶大選手(メカトロニクス)とチュン・キクシマ・フロル・ユミコ選手(レストランサービス)が、ステージで選手宣誓し、式は幕を閉じた。