『わろてんか』第49話では、てん(葵わかな)が仕事と子守に忙殺 藤吉(松坂桃李)は寄席探しへ

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。来週月曜日放送の第49話では、てん(葵わかな)が仕事と子守に忙殺する模様が描かれる。

参考:葵わかな、全ての困難を吹き飛ばす“笑い”への思いーー『わろてんか』第7週を振り返る

 第48話では、てんと藤吉(松坂桃李)の婚礼が開かれる様子が描かれた。第49話では、長男・隼也が生まれて一年が経ち、客足も順調に伸びている風鳥亭の様子からスタート。藤吉は売り上げを増やしたいと、もう一軒寄席を買収しようともくろむ。しかし、藤吉が寄席探しに出かけて家を開けるため、てんは仕事に忙殺され子守もままならず、ある日事件が起きてしまう。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性・藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、広瀬アリス、徳永えり、大野拓朗、前野朋哉、兵藤大樹、藤井隆、内場勝則、高橋一生、鈴木保奈美、鈴木京香、竹下景子らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)