55歳ながらチェリーボーイを演じる高橋克実/撮影=大川晋児

写真拡大

テレビ朝日系で好評放送中の土曜ナイトドラマ「オトナ高校」(毎週土曜夜11:05-11:59)。本作は、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性経験がない30歳以上の男女だちが繰り広げる、不器用な大人たちによる学園ドラマ。高橋克実は、銀行勤めのエリートながら55歳のチェリーボーイ・権田を演じる。

【写真を見る】「みんないい体してましたよ」と語る“オトコだらけの温泉シーン”とは!?/撮影=阿部岳人

■ 実はEDの設定にビックリ!!

――4話で明かされた権田さんの“事情”に驚きました。

自分も台本を読んで初めて知ったんですよ。それまでは全く聞いていなかったから勝手にいろんな想像を膨らませていたんです。55歳で童貞なのは異常な潔癖症だからかマザコンだからか? なんて。そんな中で4話の台本を読んで初めて「え、俺EDなんだ!?」と(笑)。実は6話でもある設定が明かされるんですけど、もう本当に台本が来るたびにビックリしていますね。

――生徒の中では比較的性格も大人な方だと思っていたのですが(笑)。

最初にプロデューサーからは「“ちょいワル親父”なのに実は童貞だったという設定」と言われたんです。そのギャップは面白いかもしれないけど、今の俺のどこに“ちょいワル”っぽいところを感じます!? (笑) スーツは最先端のものを着ているらしいんですけど、自分ではよく分からないし。台本にはオトナ高校に入る前の、ちょいワル的なカッコいいやりとりは描かれていないので、今となっては正直…キャラが崩れて来ていますね(笑)。

――今作の題材自体についてはどう感じられましたか?

まずタイトルがキャッチーだなと思いました。事情を聞いたら今は実際に30歳を越えて経験のない方が多くて、そういう講座もあるんだとか。それを知って、あぁある意味これはドキュメントに近い部分もあるんだなと。脚本の橋本(裕志)さんとは昔、『ショムニ』(1998年ほか、フジ系)でも5年ほど一緒にやっていたので、この空気感は大好物。撮影中も「ここはこうしてみよう」「ここはもっとこうやっていけるな」というのはすごく考えていますね。

――高橋さんのアドリブが満載だというお話は、ほかのキャストの皆さんからもかねがね。

(三浦)春馬くん演じる高飛車で世の中を分かっていないような人間が少しずついろんなことに気が付いていくっていう成長物語である一方、やっぱりこの作品はコメディーだと思っているので。だって国家が人の性事情を把握してるなんて!? しかも学校を休んだら捕まっちゃうんだから!(笑) ここまで無茶苦茶な設定だったら、逆にリアルにやらない方がリアルになるじゃないですか。こういう喜劇は自分の中でもやりたいことですし、どんどん振り切っていきたいと思っています。たとえ止められたとしても、やっぱり出せるものを出し切っていかないと楽しくならないですしね。

――「止められてなんぼ」なんですね。

どんな作品でもそう思っています。現場でどんなに「要らないよ」と言われたとしても、自分の解釈を間違えてしまっていたとしても。準備できることは全部やる。それをしてこそ役者だと思っていますから。あとこの現場では主役の春馬くんに自然と引っ張られてそうなっている、という部分もありますね。

■ 収録合間に英語の勉強をする三浦の姿勢を尊敬

――高橋さんから見た三浦春馬さんとは?

2回目の共演なんですけど、あの人はとにかく誰に聞いても評判がいいんです。批判を聞いたことがない。あんなに礼儀正しい人は今時あんまり見かけないですよ。声が大きくてハキハキしているし、上下関係もすごくちゃんとしてる。全く偉ぶるところもない。エネルギーの塊みたい。やっぱりあぁいう人が主役をやるんだろうなと思います。全然構えていないって、なかなかできるもんじゃないんです。逆に非の打ち所がなさすぎてどうなんだろうとは思うけど(笑)。そういう人だからもしかしたら東大出の高飛車な役は苦手かもしれないなと思っていたけど、逆にすごく振り切っていて良いですよね。あんだけ振り切られると、こっちも引き受けやすくなる。リハーサルの時から叫びまくっているからね。それに時間があれば一人で英語の勉強をしているんですよ。ロケの合間のわずかな時間に何かブツブツ英語を話しているから、「誰と話してんの?」って聞いたら「ネイティブの先生の授業を受けているんです」って。作品に対する向き合い方といい、本当に尊敬に値する俳優さんです。素晴らしいと思います。

――大絶賛ですね。

俺はいつも基本的に「この題材がやりたい」というよりは「この俳優さんと仕事したい」と考える方なんですよ。三浦春馬って人はそこに入りますね。一緒に仕事をすると、ものすごく刺激される。なかなかあぁいう姿勢でされている役者さんって少ないと思いますよ。

――ちなみに4話では一緒に温泉に入られてもいましたが。

あのシーンも橋本先生が長々とセリフを書くもんだから、のぼせそうになって大変でした。春馬くんも夕輝壽太くんも良い体をしてましたよ…って、何の話だ。あはははっ!(笑)

――今後の展開はどうなっていくと予想されますか?

俺もこの後どうなっていくのか全く分からないですよ(笑)。というか正直、どんな結末にたどり着いたら「めでたし、めでたし。良かった最終回〜」ってなるの!? 全く読めない!(笑) 次に何が来るのか、最後みんなどうなっていくのか…俺自身が楽しみです(笑)。

■ 第6話(11月25日[土]放送)あらすじ

国家の極秘プロジェクトだった…はずのオトナ高校――。ところが、悪気はないがウッカリ屋の卒業生のせいで、制服を着たエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)と55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)の写真がSNSに流出。オトナ高校の情報とともに拡散し始めた!

校長の嘉数喜一郎(杉本哲太)は、国の対応が決まるまで学級閉鎖することを決定。英人と権田は手に手を取り合い、社会の逆風に耐える覚悟を決める。

その一方で、英人にはどうにもこうにも心に引っかかることが…。それは先日、一緒に高級ホテルへと消えていった権田と、永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)の関係! 真希に好意を寄せる英人は、カッコつけて平静を装いながらも、心の中でコソコソと勘助をライバル視し始める…!

そんな中、オトナ高校の毒舌教師・山田翔馬(竜星涼)が経営する「スナックペガサス」で、自由参加の特別課外授業が行われる。「未来に向けた子育て実習」と銘打って現れたのは、なんと翔馬の5人の子どもたち。可愛いと思ったのもつかの間、子どもをあやすことひとつできない英人たちは「君たちは子守ひとつも出来ないんですか」と、父親似でシニカルな子どもたちに罵倒されてしまう。

しかし、翔馬が亡き妻を想いながら不満のひとつも漏らさず、男手ひとつで子育していることを知った生徒たちは、若干反省。高学歴・高身長・高収入でも女性に恵まれないのは、自分のためばかりで、“誰かのために”じゃなかったからだ――そう痛感した英人も一念発起! “ある事件”を機に、またまた現状を明後日の方向に勘違いした英人は、真希のために生きようと立ち上がるが…!?

一方、英人に失恋した同性愛者の川本・カルロス・有(夕輝壽太)と、そんな川本に失恋した引きこもりのこじらせ処女・斑益美(山田真歩)にも、新たな恋の予感が到来!? そして、ED回復のために日々努力を繰り返していた権田にも…本人すら予想しなかった“未知の本能”がそびえ立つ――。(ザテレビジョン)