「肌に優しい洗顔料」など存在しない(depositphotos.com)

写真拡大

 起床後に洗顔料で顔を洗い、化粧水や乳液といった基礎化粧品をつける。出かける前に化粧をする。帰宅後に化粧を落とし、入浴中に洗顔料で顔を洗う。おふろ上がりと寝る前に、基礎化粧品などを塗る......。これが多くの女性の習慣である。

 「こんな生活では、皮膚のバリア機能が破壊されます」と須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)は苦い顔だ。女性たちの「スキンケアの常識」が、皮膚科医の目には「皮膚のバリア機能を破壊する非常識な行為」に映るようだ。問題点はどこにあるのだろうか?

そもそも「皮膚の仕組み」は?

 最初に「皮膚の仕組み」を簡単におさらいしよう。

 人間の皮膚の表面にある表皮には、4つの層がある。いちばん下の「基底層」で作られた「角化細胞」が「有棘層」と「顆粒層」を経て「角質層」に到達し「角質細胞」になる。角質細胞は2週間ほどで垢になってはがれ落ちる。これが新陳代謝だ。

 角質層をブロック塀にたとえると、角質細胞はブロックのように積み上がっている。そして、角質細胞の間をセメントのように埋めているのが「細胞間脂質」だ。さらに、皮脂と汗が混ざってできた「皮脂膜」が、角質層をカバーしている。こうした構造で外部からの異物の侵入や、内部からの水分の蒸発を防ぎ、皮膚のバリア機能を発揮する。

 「新陳代謝が行われている皮膚は、そもそも洗う必要がないのです。それなのに、何度も洗うから皮脂膜が形成されなくなっています」と須階医師は語る。

「肌に優しい洗顔料」は存在しない

 洗顔料の主成分である「界面活性剤」は、水と油をなじみやすくする物質だ。界面活性剤の問題点について「細胞間脂質のセラミドなどは、界面活性剤で流出します。その結果、角質細胞がはがれ落ちてしまうのです」と須階医師は指摘する。

 「洗顔後もしっとり」する洗顔料もある。しかし、「洗い流した後も界面活性剤の作用が残って、細胞間脂質が溶け出すからしっとりと感じるわけです。そもそも、『肌に優しい洗顔料』は存在しません」と須階医師は断言。界面活性剤は乳液・クリームにも配合されている。基礎化粧品も、皮膚のバリア機能を破壊しているのだ。

 体も洗いすぎれば皮膚のバリア機能を破壊される。その結果、カサカサに乾燥したり、外部から異物が侵入してかゆみが生じたりしやすくなる。まさにアトピー性皮膚炎の症状だ。

 「アトピーはもはや子どもの病気ではなく、40代、50代の患者さんが増えています。アレルギーより、誤ったスキンケアによるバリア機能の低下のほうがアトピーに大きくかかわっている証拠だと言えます」

患者のタイプによって保湿剤を使い分ける

 須階医師がアトピー性皮膚炎の患者に最初に行うのは、カウンセリングである(第1回「28年にわたるアトピー治療で見えてきた心と皮膚の深い関係」参照)。そして、症状に合わせて保湿剤を処方する。

 「赤みがあるか、どの程度乾燥しているか、かゆみが強いかなどは、ひとりひとりで違います。タイプによって保湿剤を使い分けることが重要です。乾燥が激しくかゆみがある場合には、私が開発したセラミドの前駆体(セラミドが生成される前の段階にある物質)配合の保湿クリームを使うこともあります」

 須階医師は、pH2.7以下の強酸性で低刺激の「バリアコート水」も開発。保湿で症状が落ち着いたら、皮膚を鍛えるという観点からバリアコート水を使用している。「皮膚に適度な刺激を与えることで、ストレスなどの悪影響にも耐えられる状態まで改善する効果が期待できます」と須階医師は言う。

 「アトピーの患者さんに接してきて思うのは、ご自分の皮膚を観察していないということ。どんな治療法がある、どこにクリニックがあるなど、外部の情報に気を取られすぎています。それよりも皮膚をじっくりと見てください。正しいスキンケアで、日々、症状は改善していきます。そして3カ月ぐらいで目に見える変化が現れるはずです」
(取材・文=森真希)


須階富士雄(すがい・ふじお)
芝皮フ科クリニック院長。 1962年、東京都生まれ。89年、聖マリアンナ医科大学を卒業後、東京慈恵会医科大学皮膚科に入局。東京慈恵会医科大学附属柏病院・町田市民病院での勤務を経て、96年に芝皮フ科クリニックを開院。

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。