スポーツグリルとテールゲートガーニッシュに注目

 2017年6月にビッグマイナーチェンジを敢行したホンダ・フィット。ホンダのカスタマイズパーツを扱う「無限」もクルマの発売と同時にさまざまなアイテムをリリースしている。

 今回注目したのは、スポーツグレードのSおよびRS用ノーマルバンパーと組み合わせるフロントアンダースポイラーだ。純正バンパー下部に被せて装着するハーフタイプだが、ノーマルバンパーよりボリューム感のあるデザインを採用し、迫力ある低重心なフォルムを実現。もちろん、運転支援システム”ホンダセンシング”に対応する。

 カラーはカラード(純正色)×艶消しブラックの2トーン仕上げ(6万480円・税込)のほか、未塗装(5万1840円・税込)の2タイプを用意。未塗装タイプを選んで、自分好みに塗り分けする楽しみ方もある。また、イグニッションオンで常時点灯するオプションのエアロイルミネーション(3万2400円・税込)を装着すれば、個性を主張できるだろう。

 そしてフロントスポーツグリルとテールゲートガーニッシュに、新色となる艶ありブラックが追加設定されたのもトピックのひとつ。これまではダークグレー塗装仕上げのみだったが、ブラックが新たに設定されたことで、好みや車体色に合わせてコーディネートすることも可能だ。

 どちらもフィットの個性を際立たせてくれるので、落ち着いたダークグレーと高級感ある艶ありブラック、悩ましい選択となること必至だ。

 フロントスポーツグリルは、バンパーなどのブラック部と統一感も高まり、トータルコーディネイトを気にする人は艶ありブラックがオススメ。価格は艶ありブラックおよびダークグレーともに5万1840円(税込)で、未塗装の設定はない。リヤワイパーまわりにアクセントを与えるテールゲートガーニッシュ。これもフロントグリル同様にこれまでのダークグレーに加え艶ありブラックを新設定。塗装済み(3万9960円・税込)のほか、好みでペイントできる未塗装(3万6720円・税込)も用意する。

ドライカーボン製アッパーウイングは、SとRSに標準装備するテールゲートスポイラーに被せて装着。UVカットクリアコート仕上げが施され、色褪せなどの劣化を防止。無限ロゴがさり気なく装着されている。価格は6万4800円(税込)。

 SおよびRSグレードのボディサイド下部に装着するサイドスポイラーは、カラード×艶消しブラックの2トーン仕上げ(6万240円・税込)のほか未塗装(5万4000円・税込)を設定する。

 リヤアンダースポイラーは、バンパー下部に被せて装着するハーフタイプ。カラード×艶消しブラックの2トーン塗装(6万3720円・税込)と未塗装(5万7240円・税込)がラインアップ。オプションでLEDリアフォグライト(5万3784円・税込)を装着できる。

 なお、フロントアンダースポイラー/サイドスポイラー/リヤアンダースポイラーの3点をセットにするスタイリングセットは、2トーンカラーが18万1440円(税込)で未塗装タイプは15万5520円(税込)。それぞれを単品購入するよりお得な価格設定になっている。

 【詳しくはこちら】

 (株)M-TEC
TEL:048-462-3131
http://www.mugen-power.com/