吉田羊が見つけた、“母親にならない人生”の幸せ 『コウノドリ』第7話で流した涙

写真拡大

 小松(吉田羊)は、子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞を患っており、卵巣ガンになる可能性があった。心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)は、子宮の全摘を勧める。母親になる人生と母親にならない人生。決断が迫られる小松に、サクラを始めとしたペルソナチームは、仲間として優しく手を伸ばす。一人ではない。『コウノドリ』(TBS系)第7話では、自分自身の生き方を見つけた小松と、仲間として彼女に接したサクラたちの選択が描かれた。

(参考:現役看護師が『コウノドリ』のテーマを考察 データが示す“出産後の育児”の現状とは?

 明るく振る舞う小松だったが、内心は困惑していた。産休を経て産婦人科に復帰した倉崎(松本若菜)は、子供を理由に特別扱いをされるのを嫌っていた。女手ひとつで子供を育てる倉崎の姿に、「甘えたくても素直になれないのが女心なの!」とサクラと四宮に教える小松だったが、その言葉はそのまま小松にも当てはまっていた。

 小松は、20年間で助産師としておよそ4000人もの赤ちゃんと向き合ってきた。同期会で「新しい命を手助けする毎日に幸せを感じる」と話す小松。けれど、自分は一人スーパーに寄り、家に帰る毎日に寂しさも感じていた。「仲間だからこそ、どうしてあげたらいいのか」と悩むサクラは、“BABY”として小松にソロ演奏を披露する。サクラは「僕は小松さんにずっと助けられてきました。その恩は忘れません」と優しく接すると、小松は「私、決めたよ。悔しいけど、仕方ない。これが、私の人生だ」と空を見上げ、手術の決心をする。「あまり頑張りすぎないでください。頑張ってる小松さんも好きだけど、頑張ってない小松さんも大好きです。一人で全部抱え込まないで。みんな、小松さんの味方ですから」。苦しい時に手を差し伸べてくれる人がいる。小松は「私は恵まれてるね」と涙を流す。彼女は、人前であまり泣き顔を見せない。人との距離感を大事にし、頼られる存在であり続けようとしていたからだ。この涙は、優しくされなれていない小松が見せた本音の部分だったのだろう。

 手術直前、麻酔が効いてくる前に小松は「ちょっと待って」と言い、深呼吸をした。女性としての転機を迎える覚悟をした小松は「よし、大丈夫。お願いします」と自分で麻酔のゴーを出す。後に小松は見舞いにくる向井(江口のりこ)に「これで本当に一人で生きて行くことになる。寂しさより怖さがあった」と手術時の心境を語る。「私の中から、大事なものがなくなっちゃったけどさ。私には支えてくれる仲間がいる。それってさ、すげぇ心強いんだよ。仲間っていいよね」。小松は手放したものの代わりに、仲間の大切さに気づくことができた。

 もちろん、小松の手術をサクラも四宮も気にかけていた。仲良く時計を気にしながら昼食を食べる二人。手術を終えた小松への差し入れには、二人が大事にしているカップ焼きそばとジャムパンが並べられていた。小松が産婦人科医として復帰すると、そこには変わらぬ日常があった。小松を迎えるのには、いつも通りで。彼女を思ったペルソナらしい気遣いだろう。

 ラストには、四宮が協心医科大学の人物と面会をした後、サクラに「相談があるんだ」と持ちかけるシーンが。第7話では、以心伝心するサクラと四宮の仲の良さが描かれていただけに、その行方が気にかかる。

(渡辺彰浩)