カミナリの竹内まなぶ(左)、石田たくみ(右)

写真拡大

12月3日(日)にことしの漫才師日本一を決める「M-1グランプリ2017」(夜6:57-9:54テレビ朝日系)が放送される。また、当日の昼2時35分からは「M-1グランプリ2017 敗者復活戦」も放送。この敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた計10組が、ファイナリストとして決勝を戦う。

【写真を見る】カミナリが得意のどつき漫才で天下統一へ!/(C)ABC

例年と違い、今回のネタ順は“笑神籤”(えみくじ)で決められるという新ルールが採用されており、これまで番組の最中に発表されてきた敗者復活1組も生放送の冒頭に決定する。

10組がそろったところで、MCの今田耕司と上戸彩がくじを引き、引いた順番でネタを披露するというルールだ。

そして、WEBサイト「ザテレビジョン」では、4094組がエントリーした今大会を勝ち抜き、決勝まで駒を進めたファイナリスト9組に直前インタビューを敢行。王座を狙う芸人たちの熱い思いを、決勝当日まで9日間連続で掲載していく。

トップバッターは、茨城なまりのどつき漫才が売りのカミナリ・竹内まなぶ、石田たくみが登場!

■ カミナリインタビュー

――敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビはどこですか?

竹内:事務所の後輩なんですけど東京ホテイソンです。

石田:東京ホテイソンはポップでテレビ受けするネタがライブでも受けていて、そこが彼らのスゴいところなんです。あとは、個人的にはさらば青春の光さんですね。

森田(哲矢)さんが、決勝進出の結果発表の前に、「絶対おまえらは決勝行く!」ってずっと言ってくれていたんです。

結果を待つ間はすごくつらいんですけど、森田さんのおかげで結果発表に備えられた。脅威というよりは、ぜひ上がってきていただきたいですね。

――相方の好きなところと嫌いなところを教えてください!

石田:好きなところは、不思議なところですかね。幼なじみの友達って何人かいますが、いまだに毎日、新しい発見があるのはまなぶくんだけですね。

キライなところは、風紀委員キャラでしょうか。会話の時、僕がボケたときにツッコミを入れてくれるんですけど、そのツッコミが注意の口調になりがちなところです。ツッコんでいるハズなのに、笑いづらい雰囲気になってしまうので(苦笑)。

竹内:好きなところは、度胸があるところ。キライなところは、お喋りなところですかね。例えばコンビでトークをしているときに、僕のパートまで喋ってしまうところです。そうすることで僕のボケしろまで奪ってしまうので。

――漫才以外でグランプリを目指すとしたら…、個人的に自信があるものは何かありますか?

石田:10m走ですね。僕、瞬発力があるんですよ。50mだと遅いですけど、10mなら誰にも負けない。世界イチかもしれないです! あとは、跳躍力もあるので、僕身長が159cmなんですが、159cmでのジャンプ力対決なら世界一だと思います!

竹内:(長考)お香に火を点けるスピードでしょうか。

――今後の野望について教えてください!

石田:今後お笑い芸人を始める人たちにとって、「カミナリみたいになりたい」という1つの目標になりたいです!

竹内:自分の家族全員をファーストクラスで海外に連れていきたいです。(ザテレビジョン)