都電荒川線の沿線にはバラが多いが...

写真拡大 (全4枚)

 都電荒川線と日暮里・舎人ライナーに、駅ナンバリングの導入が発表された。駅名とは別にアルファベットと数字を組み合わせた駅番号をつけるこの制度は、急増する訪日外国人への利便性向上を目的とし、2020年東京五輪・パラ五輪開催を見据えて鉄道各社で導入がすすんでいる。路線名にちなんだアルファベットと数字の組み合わせが採用されることが多い駅ナンバリングだが、都電荒川線では「SA」が採用された。ライターの小川裕夫氏が、「SA」の謎とその目的について探った。

 * * *
 11月16日、東京都交通局は都営地下鉄に導入済みだった駅ナンバリングを日暮里・舎人ライナーや都電荒川線にも導入することを発表した。この発表に、鉄道ファンがざわついている。

 駅ナンバリングとは、昨今はJRや地下鉄などの鉄道事業者が積極的に導入を進めている、駅をアルファベットと数字で表す制度のこと。例えば、JR山手線の東京駅は「JY01」、渋谷駅は、「JY20」となる。JR東日本では管内全域ではなく、とりあえずは利用者が多い電車特定区間だけに順次導入される。JR東日本の駅ナンバリングは、アルファベット二文字と数字2桁で構成される。

 ややこしいのは、同じ新宿駅でも山手線ならJr-Yamanoteで「JY17」、中央快速線ならJr-Chuoで「JC05」、中央・総武線ならJr-soBuで「JB10」、埼京線ならJr-sAikyoで「JA11」というようにアルファベットも数字もバラバラになっている点だ。ちなみに、湘南新宿ラインがJSを使っているため、埼京線はJAという駅ナンバリングになっている。

 駅ナンバリングの導入が増えている背景には、急増する訪日外国人対策という意味合いが強い。駅ナンバリングによって、日本語が理解できない外国人観光客でも容易に目的地の駅を把握できる。たとえば東京駅や新宿駅のように多数のプラットフォームを持つ巨大な駅でも、路線ごとに異なる番号を頼りに目的の路線の駅=ホームを探しやすくなる。外国人観光客がスムーズに移動できるようになれば、それだけ駅員や案内所に人員を配置しなくて済む。

 東京都交通局が発表した日暮里・舎人ライナーの駅ナンバリングは、「NT○○」。NipporiのNとToneriのTだから、これは誰もが納得できるだろう。

 鉄道ファンが衝撃を受けたのは、都電荒川線の駅ナンバリングだ。都電荒川線の駅ナンバリングは、「SA○○」と発表された。通常だったら、TodenのTとArakawasenのAでTAとなるのが妥当だろう。なぜ、SAという奇妙な駅ナンバリングに決まったのだろうか? 東京都交通局電車部の担当者は、こう説明する。

「日暮里・舎人ライナーと都電荒川線の駅ナンバリングは、昨年頃より導入することが検討されていました。そうした折、今年の4月に都電荒川線の愛称が”東京さくらトラム”に決まりました。この愛称をPRすることや外国人観光客にも利用してもらおうという思いから、”東京さくらトラム”を前面に押し出すことになりました。そうしたことから、今回の駅ナンバリングでも “東京さくらトラム”に由来するものを検討しました。

 Tokyo-Sakura-tramでTS、Sakura-TramでSTという案も出ましたが、TSは東武スカイツリーラインが、STは西武多摩湖線が先に使用していたこともあり、SAkura-tramのSAとすることになったのです」

 都電荒川線の愛称”東京さくらトラム”は、沿線住民や鉄道ファンの間ではあまり定着していない。それどころか、反対の声も根強い。

 実際、小池百合子都知事も”東京さくらトラム”という愛称を発表する4月28日の記者会見で「地域の方々が一生懸命バラを育てられて、もうそろそろバラ、ちょうどいい季節になってきて、本当はあの地域の方はきっと『バラトラム』にしたかったと思うんです」と述べ、その言葉に続けて「5月は、車内をバラで装飾いたしました『都電バラ号』も運行することとなっております」とも口にしている。小池都知事も「都電荒川線だったら、桜よりバラ」という気持ちを抱いていることを示唆する発言だ。

 小池都知事は、衆議院議員時代に旧東京10区を地盤にしていた。旧東京10区には豊島区が含まれる。だから記者会見では地盤である豊島区のバラしか言及していないが、都電荒川線の沿線でもっともバラの植栽に力を入れているのは荒川区だ。

 荒川区が都電荒川線の沿線にバラを植栽する事業を始めてから、20年以上もの歴史がある。荒川区は都電の線路沿いを”緑の軸”と位置付け、官民一体でバラによる緑化推進に取り組んでいる。鉄道ファンの間でも沿線住民の間でも、都電沿線の花と言えば桜ではなくバラなのだ。

 そんなバラに囲まれた都電荒川線が、”東京さくらトラム”という愛称になったのは皮肉でしかないが、それ以上に駅ナンバリングをSAkura-tramでSAにしてしまうのは強引すぎではないだろうか?

「確かにSAだとピンとこないかもしれません。しかし、交通局でも駅ナンバリングの導入に際して他社線の状況をリサーチし、京王電鉄井の頭線がIN、伊豆急行伊豆急線がIZという駅ナンバリングを使っていることを把握しました。そうした先行事例を参考にして、SAという駅ナンバリングに決定したのです」(同)

 釈然としない気持ちは残るが、他社線にも例があるのなら受け入れざるを得ない。蒸し返すようだが、都電荒川線という名称から想像されるTAは関東圏で使用例がないので使えるはずだが、どうしても”東京さくらトラム”という愛称を広めたいのだろう。それでは、こうした駅ナンバリングはどのような基準やルールで制定されるのだろうか?

「駅ナンバリングに関して、特に法律で定めているものはありません。また、国土交通省から鉄道事業者に対して、通達や指導もおこなうこともありません。あくまでも、事業者の個々の判断で決められているものです」と話すのは、国土交通省鉄道局鉄道サービス政策課の担当者だ。

 法律もなければ通達や指導もないため、駅ナンバリングに必ずしもアルファベットや算用数字を使用する必要はない。ひらがなと漢数字の組み合わせでも問題はない。

 逆にわかりづらい駅ナンバリングが導入されても「国土交通省から改善を求めることはない」(同)という。

 2020年の東京五輪開催を見据えて、駅ナンバリングは急ピッチで進められている。鉄道の利便性が向上することや外国人観光客を含めてたくさんの人が鉄道を利用してくれることは地域の足を守ることにもつながるから喜ばしいことではある。しかし、本来の利用者である通勤・通学者や地元住民たちの思いとは裏腹に、駅ナンバリングが進んでいるような気がしてならない。