今では飛行機で空を飛ぶなんて当たり前の時代になったけど、それも偉人たちが積み上げてきた歴史があるからこそ。1900年にドイツで開発された飛行船「ツェッペリン号」は、当時の人たちの夢と憧れを乗せた伝説の存在だ。

【詳細】他の写真はこちら

そんなツェッペリン号にインスパイアされた時計作りを行うのが、1987年にドイツ・ミュンヘンで創業した腕時計ブランド「ZEPPELIN(ツェッペリン)」。その中でも2009年よりリリースされている『ZEPPELIN 100周年記念シリーズ』は、最初のツェッペリン号 「LZ1」の機体をイメージして作られた人気のシリーズだ。



2017年11月下旬から販売されるZEPPELIN 100周年記念シリーズの日本限定カラーは、ディープゴールドのケースに、「ブルーツェッペリン」の愛称で親しまれ、人気のあるメタリックブルーのダイアルが組み合わせられる。特に赤いクロノグラフ秒針は、ひと目で経過時間が判読できるパイロットウォッチとしての機能に加え、ブルーのダイアルに対して挿し色としての効果も担っている。



そのほかに100周年記念シリーズでは、ガラスやダイアル、ケースといったそれぞれの部品でゆるやかなアーチが描かれており、丸みのあるデザインで飛行船が表現されている。さらにダイアルにはドイツ語で100周年を意味する「100 Jahre」の文字が刻印されるなど、細部でまで飛行船を意識した作りだ。



ここまでデザインと仕上げに徹底してこだわったドイツ式時計が6万1560円(税込)と、圧倒的なコストパフォーマンスの高さも魅力と言えよう。「ドイツ製の腕時計において、この品質と価格帯を維持できるのはツェッペリンだけ」と世界中の時計好きから評価されるのも、うなずける話だ。

かつて人々のロマンを乗せて飛んだツェッペリン号というバックグラウンドと、ドイツならではのクリエイションが堪能できるこの時計。男なら必ずや、愛着がわく1本になるはずだ。

関連サイト



ZEPPELIN 100周年記念シリーズZEPPELIN

textコバヤシユウタ(編集部)