センターストリート・コーヒーハウス「フレンチトースト」 ©Disney

写真拡大

いつも多くのゲストで賑わっている、東京ディズニーランド。

【フォトギャラリー19枚】TDL開園から空いている朝食おすすめレストラン2

「開園時刻よりも前に並んで、朝イチからパークを回る」という方も、多いのではないでしょうか。

実は、朝はゆっくり過ごした方が、お得な時間の使い方ができるのを知っていますか?

今回は、パークでの朝の過ごし方と、おすすめのレストラン朝食メニューをご紹介します。

朝はゆっくりのほうが、おトク!

「朝はゆっくり過ごすなんて、時間がもったいない!」と思う方もいるかもしれません。

例えば、朝一番にパークへ入って、アトラクションのファストパスを取ったとしましょう。

ファストパスはすぐには使えないので、決められた時間までは、どこかで待たなくてはいけません。

「別のアトラクションに乗りたいけど、スタンバイの時間が長すぎる」「パレードやショーを見るのには、中途半端な時間になっちゃう」ということもあるでしょう。

そんなときは、朝食メニューを提供している、レストランがおすすめなんです。

冬の寒い時期、朝の入園待ちで冷え切った体を温めるのにも、朝食メニューはピッタリです。

クリスマスは、夕方〜夜のエンタメも充実!

朝の開園直後は、エントランスからワールドバザール、そして各エリアへと一気に人が流れていきます。

レストランでゆっくり朝食を取れば、人の波が落ち着いてから、行動することができます。

また、クリスマスイベントの時期は、夕方から夜に行われるエンターテイメント・プログラムも充実しています。

朝ごはんをしっかり食べれば、夜遅くまで、じっくりパークを楽しむこともできるのです。

では、パークには、どんな朝食メニューがあるのでしょうか。見ていくことにしましょう。

見た目もかわいい! ミッキーシェイプのフレンチトースト

一つ目は、ワールドバザールにある「センターストリート・コーヒーハウス」です。

ここはパークの開園直後から営業している、数少ないレストランの一つです。

このレストランでは、午前10時までの時間限定で、朝食メニューを提供しています。

おすすめなのは、何といっても、ミッキーの形をしたフレンチトースト(1,080円)です。

見た目もかわいいので、食べるのがもったいないですね。

ふわふわのフレンチトーストは、ベリーソースかメープルシロップと一緒にいただきます。

ヨーグルト&フルーツとドリンクもセットになっていますので、冬の寒い日にはうれしいですね。

「朝から甘いのはちょっと…」という方には、ソーセージ&ポテトのココットパイ(1,280円)もありますよ。

こちらには、半熟玉子とヨーグルト&フルーツ、ドリンクがセットになっています。

ミッキーマウスのワッフルも、朝食にピッタリ!

もう一つ、パークの開園直後から営業しているのが、ワールドバザールにある「グレートアメリカン・ワッフルカンパニー」です。

ここでは、ミッキーマウスの形をしたワッフルを販売しています。

店内で調理しているワッフルは、外はサクサク、中はフワフワで、多くのゲストに愛されています。

「季節のワッフル(700円)」もおすすめなのですが、こちらにはアイスクリームが付いてきますので、冬に食べるのはちょっと寒いかもしれません。

レギュラーメニューの「メイプルソース(410円)」「ストロベリー&カスタードソース(450円)」「チョコレートソース(410円)」を頼んで、みんなでシェアするのもいいですね。

「パークで朝ごはん」という楽しみ方も!

今回ご紹介した「センターストリート・コーヒーハウス」は、朝食の時間帯のみ、プライオリティ・シーティング(事前予約)の対象外になっています。

朝は予約不要で、レストラン前に並んでいるゲストから順番に案内されます。

パークに来ると、ついつい時間に追われて、気付いたら夜になっていた…という経験がある人も多いかもしれません。

そんな方は、ぜひパークのレストランで、ゆっくり朝ごはんを楽しんでみてください。

しっかりお腹の中に入れておけば、夕方から夜にかけての体力が変わってくるからです。

「時間がもったいない」なんて思わずに、一度トライしてみる価値はあると思いますよ。

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります。