岡部麟がチーム8の冠番組「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」を語る

写真拡大

AKB48チーム8関東メンバーの冠番組「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎週日曜夜11:30-0:00、チバテレ)に出演するメンバーに迫る、WEBサイト「ザテレビジョン」オリジナルのリレーインタビュー。

【写真を見る】岡部麟の行動が鈴木拓をどぎまぎさせることも

5人目は、茨城県代表の岡部麟を直撃! 9月10日に発売されたAKB48・50枚目のシングル「11月のアンクレット」で初めて表題曲選抜メンバー入りするなど、いま勢いのある岡部に、チーム8の冠番組について語ってもらった。

■ 最初は不安

――これまで何度か収録に参加してきましたが、いかがですか?

思っていた以上に無茶ぶりが多かったので、初回のオープニングから「やばい! この番組うまくできるかな?」って不安だったんです。でも、鈴木拓さんがフォローして助けてくださって、いいタイミングでツッコミなどを入れてくださるので、すごい助けていただけているなって思って安心しています。

――共演前の鈴木さんは、違うイメージだったのですか?

勝手な印象なんですけど、あまり良くはなかったです(笑)。“さぼりがち”というか、ちょっと良くない印象ばかりを持っていたんです。でも、実際は番組中でも「こうしていこう!」とか、具体的にアドバイスをしてくださるので、めちゃくちゃ良い人なんだなって印象は変わりました。

■ 吉川七瀬らしいMCに感心

――吉川七瀬さんもMCを務めていますね。

正直、七瀬ちゃんは“ボケ”というか、MCよりも私たちのいる側にいた方が光れるんじゃないかなって思っていたんです。なので、「MCで大丈夫かな?」っていう心配はありました。でも、全然無理をせず、七瀬ちゃんらしい天然っぽさというか、かわいらしいところが出ていて、「どんな場面でも“七瀬ちゃんらしく”こなせちゃうんだなぁ」って感心しましたね。

――鈴木さんとの掛け合いも良いですね。

七瀬ちゃんが(間違えずに)でき過ぎちゃうと、鈴木さんのツッコミが入らなかったりすると思うので、七瀬ちゃんのできないところと、鈴木さんのツッコミが良い具合にマッチングしているというか、良いコンビだなぁって思って見ています。

■ よりメンバーの個性が出る番組に

――ところで、番組が始まると聞いた時はどう思いましたか?

関東エリアメンバーは、最初のころは劇場公演で一緒にいる機会が多かったこともあり仲が良いんですよ。これまでも「関東メンバーだけで何かしたいね」とか「イベントに出たいね」って言っていたので、番組でその夢がかなったのがうれしかったです。

どんなふうになるのかなって、始まるまではワクワクしていました。関東メンバーだけということもあり、よりメンバーの個性が出る番組になると思いました。

――では、番組は今後どうなっていくと思いますか?

(鈴木さんが言っていた)炎上商法じゃないですけど(笑)、たまにはそういう形で話題になっても面白いんじゃないかなって思います。せっかく鈴木さんが番組にいてくださるので、そういう話題のなり方でもいいかなって。直接教えていただけなくても、ここで発揮できなくても、そういう話題のなり方っていうのが、どこかで発揮できたらいいなって思います。

――やってみたい企画などはありますか?

先日も絵を描く企画がありましたが、物を作ることや絵を描くことが好きなので、今後もできたらいいなって思います。メンバー同士で対戦できたらいいですね。例えば、どちらが料理を上手に作れるかを、お客さんに判定してもらうとか。そういう勝負ができたらいいなって。あと、頭の回転力を鍛えたいので、この番組で鈴木さんから学んでいきたいと思います。

■ 県ごとにテレビ局があるとは

――岡部さんは千葉県の隣である茨城県の代表ですが、チバテレを見たことは?

私の住んでいる所では映らないんですよ。そもそも県ごとにテレビ局があるって知らなかったんです。茨城にはないんですよね。まずはそこにびっくりしました。

――地元の茨城でも番組ができたらいいですよね。

テレビ局ができないことには難しいですけど(笑)、チーム8は県ごとに代表の子がいるので、各県でその子が注目していただけるようになりたいし、すでに番組に出演している子がいるので憧れます。

――チバテレには、茨城までロケに行く番組もあります。

スタジオから飛び出してロケに行けるのであれば、茨城は近いので行けたらいいですね。ぜひ、行ってみたいです!

――では、最後に読者へメッセージをお願いします。

番組の全体像がようやくつかめてきて、回を重ねるごとにどんどんレベルアップしていっていると思います。メンバーが収録の一回一回で何を学んでいるのか、(すぐに実践するため)わかりやすいと思うので(笑)、そこを注目して見てください。(ザテレビジョン)