元宝塚歌劇団・雪組トップ娘役、咲妃みゆ/(C)テレビ朝日

写真拡大

2018年1月よりスタートする瀧本美織主演の帯ドラマ劇場第3弾「越路吹雪物語」に、元宝塚歌劇団のトップ娘役・咲妃みゆが出演することが分かった。

【写真を見る】咲妃は、同じく元宝塚トップ娘役・乙羽信子を堂々熱演!/(C)テレビ朝日

同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪(瀧本)の一代記。

越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、木南晴夏演じる希代の作詞家・岩谷時子との運命的な出会い、戦争を乗り越えた2人が二人三脚でトップスターへと駆け上がっていく軌跡を、昭和という激動の時代を背景に誰もが耳にしたことのある名曲とともに紡ぐ。

2010年に宝塚歌劇団に入団した咲妃は、月組配属後、入団から4年後の2014年に雪組へ組替えし、雪組トップ娘役に就任。

輝かしい経歴を持ち人気を博すも、ことし7月の東京宝塚劇場「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!」公演で惜しまれつつも退団した。

今作で映像デビューとなる咲妃が演じるのは、同じく宝塚歌劇団娘役トップで雪組出演の多かったスター・乙羽信子。

乙羽は宝塚歌劇団での越路の同期生で、自由奔放な越路のことを面白がりつつも、早織演じる月丘夢路と共に面倒を見るという役どころだ。

咲妃は、「舞台とは全く違うことばかり日々学ばせていただいております。運命なんて言うとおこがましいのですが、(乙羽に関する)色々な資料を拝見していく中で、本当に魅力的な方だなと思っております。越路さんにとっての乙羽さんがどんな方だったかを考えて演じたいと思います」と心境を明かした。

さらに、市川由衣、尾美としのり、濱田マリ、原日出子、宮崎美子ら豪華キャストの出演が決定しているほか、ヒットドラマや映画など数多く手掛けている龍居由佳里が脚本を担当。激しくもきらびやかな人生を駆け抜けた越路吹雪を、生き生きと描きだす。

■ 咲妃みゆ コメント全文

――宝塚歌劇団退団後、初の映像デビューとなりますが。

初めてのことばかりで不安や教えていただくことばかりですが、皆様に助けていただいています。舞台とは全く違う事ばかり日々学ばせていただいております。

――宝塚の上級生の越路吹雪さんの作品にご出演が決まった時のお気持ちを聞かせてください。

とても見てみたいと純粋に思った作品にまさか出演できると思わず、大変光栄に思いましたし、宝塚歌劇団の一員として、代々の上級生が受け継いでこられた素晴らしい伝統を映像を通してお届けできる一員になれるのでしたら、一生懸命演じようと思いました。

――乙羽信子さんは、咲妃さんと同じトップ娘役で主に雪組の公演に出演なさっていましたが、乙羽さんを演じることが決まった時、いかがでしたか?

運命なんて言うとおこがましいのですが、色々な資料を拝見していく中で本当に魅力的な方だなと思っております。

今回は越路吹雪さんの人生を描いたドラマですので、その中での乙羽さんの存在を考えて演じたいなと思っております。越路さんにとっての乙羽さんがどんな方だったかを考えて演じたいと思います。

――越路吹雪を演じる瀧本美織さんに何か伝えたことや教えたことはありますか?

私の思う宝塚の素晴らしさであったり、男役娘役の関係性の尊さを私なりに瀧本さんにお伝えさせていただいたり、瀧本さんがまだ宝塚歌劇を観劇されたことがないとのことですので、一緒に観劇に伺えたらなと思っています。

でも、今の宝塚と越路さんの時代の宝塚も異なると思いますので、一から現場で作りあげていきたいと思います。

――どんな女優像を目指していかれますか? 目標の方や憧れの方はいらっしゃいますか?

今回のドラマで共演する皆様が素晴らしい方々、それぞれの信念を持って演じていらっしゃる方々だなと感じる毎日です。

色々な経験がお芝居を彩っているのだと思いますので、私も宝塚歌劇団を退団して、新しい世界に入って新しい空気を感じて、新しい世界に飛び込んだ新米として色々な事に挑戦して人生の肥やしになればと思います。

それを大好きなお芝居にいかせていきたいと思います。この人面白いな、こんなお芝居させてみたいなと思ってもらえる、“びっくり箱”のような女優さんになりたいなと思っております。

――これからの夢を教えてください。

家族で旅行に行きたいです。幼いころはよく行っていたのですが、歌劇団時代から長年実現できていないので、家族を誘って旅行に行きたいです。

また、「お歌をすごく勉強したい!」と今思っていて、そのためなら海外にポーンと行ってでも歌の勉強がしたいです。

あとはお芝居が大好きなので、いろんなお芝居を経験したいです。苦労も良い経験だったなと思えるくらい、悩みに悩む役に出会いたいなと思っています。

――最後に、視聴者の方々へメッセージお願いします。

初めての映像のお芝居で不慣れなことも多々あり、皆さんに助けていただいていますので、ひとつひとつのシーンを大切に演じさせていただいております。

皆様に楽しんでいただけるよう、越路吹雪さんの素晴らしさをお伝えできるよう、宝塚歌劇団の一員として精一杯演じたいと思います。よろしくお願いいたします。

■ 帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(第1週)あらすじ

1932年、小学2年生の河野美保子(岩淵心咲)は、授業中につい歌いだしてしまうほど歌が大好きな子供だった。病弱で入退院を繰り返す姉・真佐子(渡邉このみ)を励ますためにも、美保子はよく流行歌を歌っていた。

父・友孝(尾美としのり)の新潟転勤が決まり、母・益代(濱田マリ)は真佐子の通院と幼い弟妹のため東京の家に残ることとなり、友孝は美保子だけを連れて赴任地へと向かう。

最初は新潟になじめなかった美保子だが、親友・八重子に出会い、越路吹雪の芸名の由来となる、ある“事件”に遭遇する。

■ 帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(第2週)あらすじ

1937年、高等女学校に進んだ美保子(瀧本)は勉強が嫌いで、やはり授業中に歌いだしてしまうため廊下に立たされてばかり。

このままでは落第するという大ピンチに陥ったとき、父の友孝が「じゃあ音楽の学校に行くか? 宝塚、受けてみたらどうだ」と言い放つ。

その気になって受験してみたものの、試験会場に集まってきたのはキラキラ輝くお姫様のような少女たちばかり。歌はともかく筆記もダンスもできなかった美保子は、すっかり落胆する。

そんな美保子に、ひとりの女性が声を掛ける。それが、後に唯一無二の親友となる岩谷時子(木南)との出会いだった。(ザテレビジョン)