菜々緒、水着で南国満喫…自分を解放するすっぴん一人旅

写真拡大

女優の菜々緒が、11月26日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜23:00〜)に出演する。菜々緒にとっては、これがドキュメンタリー初密着となる。

身長172センチにして股下85センチという“奇跡の9頭身”。その類いまれな容姿と魅惑的な表情を武器に、女優、モデルとして活躍してきた菜々緒。近年様々な映画やドラマで“悪女キャラ”を熱演し、そのインパクトで話題を呼んでいる。

「“悪女と言えば菜々緒”といわれるのは光栄。スタッフから100を求められたら120以上を返したい。見てくれる人の心を揺さぶりたい」と語り、演じる役柄にあわせて自らメイクを施し、眉の角度1ミリにもこだわりながら、細部まで役作りをする。

画面の向こうで不敵な笑みを浮かべる“悪女”は、本当はどんな女性なのだろうか? 番組では、「“悪女の素顔”を見たい」とオファー。撮影現場を忙しく飛び周り、様々なキャラクターを演じわける菜々緒の日常に密着し、どうやって“悪女キャラ”が作られていくのか、その秘密を覗いた。

そして、プライベートで最近彼女がハマっているのが「一人旅」だという。「誰も私を知らない場所で、役から離れて“素”の自分に戻りたい」と言って、仕事の合間を縫って、頻繁に外国へ一人旅に出かけている。今回、特別に番組スタッフを誘ってくれた旅先は、南国・パラオ。マネージャーもなし、ほぼすっぴん。雄大な自然や島の人々との触れ合いの中で解放され、今までにない表情や本音を見せている。予告動画では、水着姿になり、パラオのビーチを歩く姿も。