貧乏ゆすり(ジグリング)はエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)などの予防に(depositphotos.com)

写真拡大

 誰が言い放ったのだろうか――。「笑えるうちは貧乏じゃない!」。我が来し方を振り返りつつ、そうかもしれないとつくづく考える。笑える貧乏に何か利点があるか否かは怪しいが、日常的な貧乏ゆすりは、健康にいい明らかな理由があるらしい。

 米国ミズーリ大学のジェイム・パディラ助教授(栄養・運動生理学)は、「貧乏ゆすりは下肢の血流を増加させ、驚くべきことに動脈機能の低下を十分に予防しうることが判明した」と発表している。

 どのような研究だろう? まず、若者11人に椅子に座ってもらい、「脚を1時間トントンと動かしながら4分間休む群」と「まったく動かさない群」に分け、3時間にわたって脚の血管機能の変化を比較した。

 その結果、「動かした群」の若者の脚は血流が増加したが、「動かさなかった群」の若者の脚は血流が減少していた。パディラ助教授は「立ったり歩いたりすることで、できるだけ座り続けないようにするべきだが、それが無理ならば代わりに貧乏ゆすりをするとよいかもしれない。だが、座っているときに脚を動かしても、歩行や運動の代わりになるわけではない」と強調している。

 長時間、狭い空間に座っていると、下肢に血流が流れにくく血栓ができやすくなることから、血栓が肺に流れ込むため肺動脈が詰まり、肺の酸素吸収の機能が低下する――。これが「エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)」だ。

 ところが、貧乏ゆすりをすれば血流が増加するので、静脈血栓塞栓症を防ぎ、健康維持に寄与できるのだ。

貧乏ゆすりの多い女性は死亡率が37%も低下!

 もう一つの研究を見よう。英国のロンドン大学とリーズ大学の研究グループは「貧乏ゆすりをすれば、女性が病気で死亡するリスクを下げる可能性がある」とする研究成果を『American Journal of Preventive Medicine』(2015年9月23日号)に報告した。

 発表によると、英国の女性約1万3000人(37〜78歳)を対象に、1日の座っている時間、貧乏ゆすりの有無、身体的な活動、食事、喫煙、アルコールの飲用の状況、平均12年間の死亡率の追跡調査を行った。

 結果は明らかだった。1日7時間以上「座る時間」があり、かつ「ほとんど貧乏ゆすりをしない女性」は、「座る時間」が1日5時間未満の女性に比べて早期死亡リスクが30%以上も高かった。一方、「貧乏ゆすりの多い女性」は、1日5〜6時間座っていても、座る時間が1日5時間未満の女性よりも死亡率が37%も低かった。また、貧乏ゆすりを多くする人は、BMI、グルコースやインシュリン反応など、健康に関連する指数が良好だった。

 研究者は「これまでは座る時間が長い人の場合、立ち上がって休憩することで、健康へのリスクを低減できる。だが、貧乏ゆすりをするだけで、健康に有益だと示した研究はこれが初めてだろう」とコメントしている。

 1日のうちで座っている時間が長ければ長いほど、細胞の寿命や老化に影響を及ぼすテロメアの劣化が進むので、DNAの寿命を縮める。

 椅子から立ちあがって屈伸をするだけで、下肢に滞っていた血流が促されるので、脳の働きがスムーズになる、集中力が増す、ストレスを解消するなどの効用が期待できるのだ。

ジグリング(貧乏ゆすり体操)は変形性関節症(股OA)の疼痛を飛躍的に軽減

 貧乏ゆすりの明るいエポックはまだある――。多くの医療機関は、ジグリング(貧乏ゆすり体操)を変形性関節症(股OA)のリハビリに採用し、変形性股関節症(股OA)の疼痛軽減の有効性を確認しているのだ。

 2017年10月20日に第3回ジグリング研究会(研究責任者=久留米大学医療センター整形外科・関節外科センター教授・大川孝浩氏)が開催された。今回発表されたのは、全国10施設の多施設共同研究のうち2施設からの中間報告。最終的な研究成果は、今後の日本股関節学会で発表される予定だ。

 川崎医科大学骨・関節整形外科学教授の三谷茂氏は、2016年11月〜17年3月に同大学病院を外来通院中で、人工股関節置換術を希望しない進行期・末期股OA患者77例(36〜77歳、男性7例、女性70例)を対象に、ジグリングを含む保存療法を2年間行った結果を発表。

 保存療法は「.献哀螢鵐亜壁亘海罎垢蠡料燹砲30分以上できるだけ長時間続ける」「▲イロやサポーターなどでの保温を行う」「Nち上がりやしゃがみ込みの回数を減らす」「な筋と大腿四頭筋を鍛える」などを、患者のモチベーションに応じて行った。

 その結果、関節裂隙が改善した症例は77例中12例(16%)、股関節機能判定基準(JOAスコア)が改善したのは18例(23%)だった。

 久留米大学医療センター整形外科・関節外科センター病棟医長の久米慎一郎、石橋千直の両氏は、2017年3月以降に器械によるジグリングを3カ月以上継続した症例の途中経過を報告した。

 対象は前期〜末期股OA患者53例。X線画像上、関節裂隙の開大が確認できるまでには時間がかかるため、今回は「仝坿慇瓩両態(VAS)」「痛み」「F虻遏廖岫ぅ瓮鵐織襦宗廚4項目から成る日本整形外科学会股関節疾患評価質問票(JHEQ)を用いて評価した。

 その結果、53例で「VAS:63mm→54mm」「疼痛:17→19」「動作:8.7→ 10.7」「メンタル:12.9→14.8」と、全ての項目で改善傾向が認められた。もともと疼痛のない13例を除外した40例で集計すると、疼痛は13.5から17.5と大幅な改善が認められた。

 ジグリングは股OAの保存療法として期待されているが、研究報告が少ないため、多施設共同研究の結果に注目が集まっている。研究責任者の大川氏は「当院は、2017年3月から数回、患者への臨床説明会を開き、既に70例の患者が集まった。全国10施設で200例程度を目標に集めていきたい」と臨床試験の継続に意欲を示している。

 この日の会合では「『ジグリング』の定義は『貧乏ゆすり』でよいのか」「器械を使った『他動』なのか『自動』なのか、など明確な定義づけをしていく必要がある」「患者のモチベーションを維持するためにも、多面的なフォローアップが必要」など活発な意見交換が行われた。

 このように、日常生活でもオフィスでも、医療現場でも、今や貧乏ゆすりの有効性と貢献度は実証されてきている。周りの人や環境への配慮やマナーさえ怠らなければ、貧乏ゆすりは、実用性の優れた万人のための健康法であるのは確かだ。
(文=編集部)