「Hanes = 白Tシャツ」の法則変わった。パーカをあえて上品に着こなすサンフランシスコ女子

写真拡大

最近、スタイリスト仲間がよく「Hanes(ヘインズ)」を着ているのを見ます。

私も気になり、最近はもう何点も購入するほどトリコに。

Instagramやファッション雑誌などでもHanesアイテムの着こなしが目立ちます。

そんないまホットなHanesの魅力を徹底調査してみました。

不動の人気を誇るアメリカの老舗下着メーカー

Hanesさん(@hanes)がシェアした投稿 -

日本でも大手セレクトショップが別注商品を販売しているなど、支持率が高いHanes。

もともとは1901年にアメリカでスタートした老舗下着メーカーで、その人気は本国・アメリカでもいまだに不動です。

私がHanesで気に入っている点は、タグがないアイテムがあること。表示は首の後ろにプリントされています。

あとは、何といっても肌触りの良さ。肌の弱い私にとって、とにかく肌触りが良いこともヘビーローテションの理由です。

Vネック人気。パーカだってエレガントに着こなす

Hanesさん(@hanes)がシェアした投稿 -

昔から、Hanesといえば白Tシャツが定番でしたが、今年はどうも違うみたい。

110万人のフォロワーを持つファッションインフルエンサー、Wendy Nguyen(ウェンディ・ニューエン)がInstagramで披露したのは、Hanesのドレッシーなコーディネート。

とくに、VネックTシャツを使ったコーディネートが話題を呼び、売り切れ続出なのだそう。

さらに彼女の手にかかれば、Hanesのフード付きパーカもエレガントに決まります。

こうしてHanesは、ファッションインフルエンサーをうまく広告塔として採用することで、プロモーションを大成功させているのです。

アウターの下はあえてHanesですっきりさせる

Hanesさん(@hanes)がシェアした投稿 -

私の友人たちの間では、レッドやピンクなどのHanesのカラーアイテムが人気。

そして、やはりVネックTシャツも支持を得ています。

先日、仕事のミーティングにブラックのパンツスーツを着ていた友人。なかにはHanesの白のVネックTシャツを着ていて、フォーマルとカジュアルのアンバランス感がとても素敵でした。

また、Hanesを着るとき、ジュエリーはほとんど付けないと話していた友人。そのリラックス感、よくわかります。

最近の私のお気に入りは、ウェンディと同じHanesのグレーのフード付きパーカ。

あえてエレガントなスカートに合わせてロングブーツを履くスタイル。上に長めのストールを合わせてもまとまり、いろいろな着かたを楽しめます。

これから寒くなる季節。厚めのコートのなかはHanesアイテムですっきりさせるスタイルにハマりそう。

写真/gettyimages