ふたりの関係性が深まってきても、キスをするタイミングって意外と難しいものですよね。

男性がキスをしたいと感じる瞬間がわかれば、そのタイミングが多少はつかみやすくなるかもしれません。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男性が“思わずキスをしたくなる瞬間”をご紹介します。

 

■「ぷるぷるな唇」を見たとき

ぷるぷるに潤っている唇を見たら、男性は直感的にキスしたいと思うようです。女性らしさを強く感じる部分でもあるので、思わず“女”を意識してしまう瞬間でもあるでしょう。

口紅やリップグロスなどを塗って、潤いやツヤを演出してあげると、男性のキスに対する欲求もさらに高まるかもしれません。ただ、リップグロスでテカテカになりすぎた唇に抵抗を示す男性は少なくないので、ナチュラルなセクシー感が出せるとベストですよ。

 

■「2人きり」になったとき

男性は人前でイチャイチャしたり、必要以上にベタベタしたりすることを嫌う人が多いです。ましてや人前でキスをすることに抵抗を感じる人はかなり多いと言えるかもしれません。

それでも、イチャイチャやキスをしたいという気持ちは、心の中に強く持っているものです。だからこそ、誰もいない2人だけの状況になったときには、その抑えていた気持ちが爆発しやすくなります。

2人きりになったときに女性から積極的にアピールすると、男性はさらにキスへの欲求をつのらせることでしょう。

 

■不意に「顔」が接近したとき

ふとしたときに、自分の顔の前に女性の顔が近づいてきたら、男性はどうしてもキスを意識してしまいやすいです。かなりドキドキして、キス以外にも色々な想像が膨らむ……なんてことも。

気になる男性がいるのであれば、あえてちょっとだけ顔を近づけてみて、ドキッとさせるのもアリかもしれません。

スマホに保存した写真を見せたり、男性の読んでいる本をそっと覗きこんだりすることで、自然に顔を近づけることができるでしょう。

 

■「ほろ酔い」で甘えられたとき

お酒を飲んでほろ酔い状態になっている女性は、男性からすると可愛らしく見えるものです。しかも、ちょっぴり色っぽく見えるので、キスしたい衝動に駆られやすいでしょう。

さらにほろ酔いの状態で甘えられたら、男性は気持ちを抑えきれなくなるはず。

酔った勢いも手伝って、「キスしちゃおうかな」なんて思いにもなるかもしれません。

ただ、あくまでもほろ酔い程度であることが大事。酔いすぎてしまうと、逆に男性からは引かれてしまうことも。

 

男性がキスをしたいと感じるタイミングで上手に甘えたり、積極的にアピールしたりできれば、もう気持ちを抑えることなんてできないはず。気になる人との距離を一気に縮めるためには、今回ご紹介した方法もアリかもしれません。

【画像】

※ oneinchpunch/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【夫・52歳編】

※ 今すぐしたい…彼の性欲を爆発させるテクニック

※ かわいすぎッ!男性が「デート中」に思わずときめく女性の行動