10分で簡単に作れる!「風邪に効く」「ピリ辛」「ヘルシー夜食」雑炊レシピ3選

写真拡大 (全10枚)

今回は、フードコーディネーターの田村佳奈子さんに、冬に食べたい、おいしい雑炊のレシピを考えていただいた。「風邪に効く1品」「辛いもの」「ヘルシーな夜食メシ」をご紹介する。

どれも10分で作れる簡単レシピばかり。ごはんは出汁を吸うと膨らむので、軽めの一膳で想定しているが、分量はお好みで調整しよう。

レシピを考案するにあたり、こだわったのは「雑炊には卵を入れたい!」というところ。溶き卵、温泉卵、たまご豆腐を選んでみました。3種類どれとでも合うので、好みの組み合わせで楽しんでみましょう!(田村さん)


身体を温める長ねぎ、にんにく、しょうが入り『風邪に効く鶏雑炊』



材料(1人分)



・鶏もも肉(80g)
・長ねぎ(6センチ長)
・温泉卵(1個)
・ごはん(90〜120g)
・しょうがすりおろし(小さじ1/2、チューブタイプでもOK)
・にんにくすりおろし(小さじ1/2、チューブタイプでもOK)
・三つ葉(適宜)
・昆布(5×5センチ角くらい)
・水(300cc)
・酒(小さじ1)
・ポン酢(適宜)


作り方



STEP1




鶏肉を一口サイズに切り、小鍋に昆布、水、酒と共に入れ加熱し、アクを取りながら茹でる。

STEP2





ごはんはザルに入れてさっと水洗いし、長ねぎは斜め薄切りにする。

STEP3



STEP1の鶏肉に火が通ったらごはん、長ねぎ、しょうが、にんにくを加え一煮立ちしたら、温泉卵を入れ、三つ葉または万能ねぎをトッピングする。

もずく酢を使って、簡単に酸っぱ辛くなる『サンラータン雑炊』





材料(1人分)



・豚こま肉(50g)
・市販のもずく酢(1パック/70g)
・卵(1個)
・ごはん(90〜120g)
・万能ねぎ(適宜)
・水(300cc)
・酒(小さじ1)
・鶏がらスープの素(小さじ1)
・醤油(大さじ1/2)
・ブラックペッパー(少々)
・ラー油(適宜)


作り方



STEP1


ごはんはザルに入れてさっと水洗いし、豚肉は一口サイズに切り、卵は溶いておく。

STEP2





小鍋に水、酒、鶏ガラスープの素、豚肉、ごはんを入れ中火で煮る。アクが出たら取り除こう。

STEP3






一煮立ちしたら、もずく酢(汁ごと)を加えて混ぜ、溶き卵をゆっくり回し入れ、醤油で調味して火を止め、器に盛り、万能ねぎ、ラー油、ブラックペッパーをトッピングする。

鮭缶を汁ごと使って、いい出汁に。『鮭缶雑炊』





材料(1人分)



・鮭水煮缶(1/2缶、90g)
・たまご豆腐(1/2個)
・小松菜(2〜3枚)
・ごはん(90〜120g)
・水(300奸
・塩(少々)


作り方



STEP1


ごはんはザルに入れてさっと水洗いし、小松菜は洗い2センチ長に切る。

STEP2





小鍋に水、鮭水煮缶(汁ごと)、ごはん、小松菜、たまご豆腐を軽く崩しながら入れて加熱する。

STEP3



一煮立ちしたら塩で調味する。

今回は発芽玄米と白米を1対1で炊いたもので作ってみた。発芽玄米とは玄米を、発芽させたお米で、玄米より栄養価が高く消化吸収がいいそう。お好みのお米で、雑炊を楽しんで!