真瀬樹里さんが「徹子の部屋」に出演(画像は番組公式サイトより)

写真拡大

黒柳徹子さん(84)の半生を描いたドラマ「トットちゃん!」(テレビ朝日系)で、2017年6月に亡くなった女優の野際陽子さん(享年81)役に、黒柳さんが野際さんの娘で女優の真瀬樹里さん(42)を推薦したことを明かした。

野際さんと60年来の付き合いで親友の黒柳さんも、50代の野際さんに扮した真瀬さんの写真を見て、「すごく似てるわね!」と驚きの声をあげた。

「さすが母娘」

2017年11月24日放送の「トットちゃん!」第40話に初登場した真瀬さんは、NHKアナウンサー時代の野際さんを演じた。NHKのロビーらしき場所で、「うん、大丈夫。ケンドジュウライよ」と台本読みを練習する黒柳さん(清野菜名さん)に対し、野際さん(真瀬さん)は「それ、捲土重来(ケンドチョウライ)ですわよ」と訂正し、黒柳さんと初めての会話を交わした。

今話での出演シーンはわずかだったが、野際さんそっくりな顔や声に、

「めっちゃ似てる!って思ったら、実の娘さん真瀬樹里だった」
「さすが母娘。そっくりで驚く」
「野際陽子役の人、娘だけに生前の野際陽子さんにクリソツ」

などといった感想ツイートが相次いだ。

真瀬さんの起用は、黒柳さんの推薦によるものだという。真瀬さんがゲスト出演した同日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、黒柳さんが明らかにした。

「(野際さん亡くなって)辛いかもしれないんだけど、野際さんをね、『やって下さい』っていう風にお願いしたんです」

葬儀の直後に黒柳さんから直接同作へのオファーがあったが、野際さん役だと知ったのは1か月ほど後だったという。驚きや戸惑いがあったというが、「(野際さんから)あなたにやってほしいって言われた気がしまして」と役を引き受けた。

「ずっと母のことを考えていましたし、すごく側にいてくれるような、母の人生にずっと触れられているような、すごくありがたい仕事でした」

「流石に自分でも『似てる...』」

野際さんと真瀬さんは手の動かし方や指がそっくりだといい、黒柳さんは先日真瀬さんに会った際に思わず泣いてしまったという。

番組では50代の野際さんに扮した真瀬さんの写真も公開され、黒柳さんは

「これどっち?あなた?すごく似てるわね!」

と興奮気味にコメントした。

真瀬さん自身も似ていると思ったといい、ツイッターに

「この先、姑役をやっているシーンが出てくるのですが、その時の扮装が、流石に自分でも『似てる...』とメイク室で呟き、思わず写真を撮りました」

と、テレビで公開したものと同じ写真を投稿している。