左からBECK、DAOKO

写真拡大

BECKとDAOKOのコラボレーション曲“UP ALL NIGHT x DAOKO”が、本日11月24日に配信リリースされた。

【もっと画像を見る(2枚)】

10月に来日公演を行なったBECK。“UP ALL NIGHT”はBECKの最新アルバム『Colors』のリード曲で、コラボ曲ではDAOKOによる日本語のラップがフィーチャーされている。BECKが日本のアーティストとコラボするのは今回が初めて。

10月末に東京都内のスタジオで初対面を果たしたというBECKとDAOKO。BECKはDAOKOとのコラボレーションについて「まず彼女に会ってみたいという好奇心があって。意外性とか、その場で起こるケミストリーを期待していたんだ」「実際にやってみて、DAOKOは僕が思ってなかったような要素を曲に持たせてくれたと思う」とコメントしている。

一方のDAOKOは「日本のアーティストとコラボすることはあったんですけれど、今回は海外の、しかも尊敬しているBECKとのコラボなので。海外にも自分の音楽が届けられるんじゃないかという希望が見えました。あとは曲を分解して研究したので、そこから得られたものも、吸収して自分の作品に活かしていこうと思います」と振り返っている。

■BECKのコメント
まず彼女に会ってみたいという好奇心があって。意外性とか、その場で起こるケミストリーを期待していたんだ。僕はコラボレーションをすることが大好きなんだよね。音楽を始めたときから他の人と組んだらどういうことができるのかというのは一つの楽しみだし、その人から学ぶものもあるし。実際にやってみて、DAOKOは僕が思ってなかったような要素を曲に持たせてくれたと思う。

■DAOKOのコメント
日本のアーティストとコラボすることはあったんですけれど、今回は海外の、しかも尊敬しているBECKとのコラボなので。海外にも自分の音楽が届けられるんじゃないかという希望が見えました。あとは曲を分解して研究したので、そこから得られたものも、吸収して自分の作品に活かしていこうと思います。