画像提供:マイナビニュース

写真拡大

上海問屋は11月24日、Wi-Fi接続に対応したマイクロスコープ「DN-915053」を発売した。価格は4,999円(税込)。

DN-915053では、スマホとWi-Fiで接続して専用アプリを使うことによって、スマホからマイクロスコープの映像を確認できる。映像の解像度は1,600×1,200ドット、1,280×720ドット、640×480ピクセルから選択可能だ。静止画の撮影にも対応している。

カメラ部分の先端には、明るさを調整できるLEDライトを搭載。狭い場所、暗い場所でも、照らしながら撮影できる。また、マイクロスコープの先端に取り付けるアタッチメントとして、フック、マグネット、側視ミラー、防水アダプタの4種類を用意した。たとえば側溝にカギを落としても、フックを取り付けてカギをひっかけて回収、マグネットにくっつけて拾い上げたりできる。

電源は内蔵バッテリで、90分の充電で約40分の駆動時間。充電用のUSBケーブルを同梱する。カメラの直径は8mmで、視野角は72度。ケーブル長は3m、重量は約155g。専用アプリの対応OSは、iOS 7.0以降、Android 2.2以降。