『チャタレイ夫人の恋人』ブルーレイ&DVD発売決定 “禁断の愛”切り取った場面写真も

写真拡大

 1982年公開の映画『チャタレイ夫人の恋人』が国内初ブルーレイ化され、2018年2月14日に発売されることが決定した。

参考:観客の評価が二分した『ブレードランナー 2049』は内容的な成功を遂げたのか?

 本作は、イギリスの文豪D・H・ロレンスの同名小説を原作とした官能エロスドラマ。大胆な愛と性描写によって世界中で発禁論争が起こった作品で、日本でもその性描写が問題となり、1950年猥褻文書販売罪で起訴され、のちに最高裁で発行者・訳者ともに有罪になった“チャタレイ事件”として論争が巻き起こった。『エマニエル夫人』『O嬢の物語』のジュスト・ジャカンが監督を務め、『エマニエル夫人』でセンセーションを巻き起こしたシルヴィア・クリステルが主演を務めた。

 また、発売決定にあわせ、本作の場面写真も公開された。広大な領地を誇るチャタレイ邸を舞台に、ドイツ戦線で下半身麻痺の体になり、男性としての機能を喪失した青年貴族クリフォード・チャタレイ男爵の妻コニーは、木漏れ陽さす森で水浴中の森番メラーズの精悍な肉体を目撃したことから、沸きあがる欲望を抑えきれず、メラーズと身体を重ね合う関係になってしまう。場面写真にはそんな2人の禁断の愛の模様が切り取られている。(リアルサウンド編集部)